母が入院するも面会すらできず

  • 2020.08.07 Friday
  • 23:07

昨日姉から母が身体の不調を訴えているらしいとの連絡。

 

母が入居しているサ高住では面会禁止措置をとっているので姉は面会に行くこともできず、サ高住とその経営母体のクリニックに対応を任せるしかありません。

 

熱があるというのでコロナを心配しましたが、肺のレントゲンの所見では肺炎は認められないが、血液検査の結果では肝機能の数値が異常だとのこと。

 

とりあえず医師の指示でサ高住の母の部屋で点滴を受けたそうです。

 

そして今朝、もう一度医師の診察を受けて、結局大病院に入院することになりました。

 

その際に姉のクルマで連れて行けるのかと思っていたら、やはり万が一の感染を防止するためとのことで救急車で運ばれました。

 

CTの結果では、肝臓からの菅に水が溜まっている可能性が高いそう。

 

またひょっとしてがんかもしれないとのこと。

 

だけど、高齢だから手術はできないし、抗がん剤も車いす生活の人には処方ができないとのこと。

 

さらに来週MRI撮影をして、水が溜まっている管に内視鏡手術で管を通す治療をするかもしれないとのこと。

 

母の診察の間、姉は一度も母と接することができませんでした。

 

私は昨日、一旦クルマで富山に向かいかけましたが、姉から「来るな」と言われ、また富山のサ高住も病院も、入居者・入院者以外の家族は面会禁止になっているとのことで諦めました。

 

実際に、病院まで行った姉の話では玄関口で厳しくチェックされ、入院の準備物を持って行っても専用の受け渡し口で職員に手渡すことができるのみだったそう。

 

そして医師とは話ができたものの、母とは結局一度も会えなかったとのこと。

 

入院期間は約2週間だそうですが、その間も一切の面会は許されないそう。

 

ちなみに姉から「弟が来たいといっているのですが…」と言うと、感染拡大地域からの人は厳重に立ち入り禁止だから絶対にやめるように言われたそうです。

 

姉は、母に会えないのは辛いけど、逆に言えばそれだけ感染防止対策を取っている病院だから安心できると信じたいと言いました。

 

私もそう思うようにするしかありません。

 

 

政府は相変わらずお盆の帰省に関してもちゃらんぽらんな態度をとってますが、故郷に両親をおいて都会に出て来ている人はお盆すら帰省できないというのは辛いでしょう。

 

いわんや、私の場合は母が入院。

 

そんな時に母に会えないというのはほんとうにきつい。

 

でも、感染が急拡大している中では帰省を見合わせるというのは正しい判断だと思います。

 

だから一層、1月下旬からの安倍政権の頓珍漢なコロナ対策に猛烈に腹が立ちます。

 

台湾や韓国、ニュージーランドの様な対策をしていればこんな状況にまではなっていないはずです。

 

まさに、無能で無責任な安倍のせいで人生を滅茶苦茶にされた気分です。

 

この国家非常事態に、国会を閉じ、閉会中審査にも出ず、記者会見は予め打ち合わせ済みの1質問に短く答えるだけ。

 

昨日の記者会見では、4件目の質問をした朝日新聞の記者の腕を官邸スタッフが掴んで質問を妨害したそう。

 

一国の総理大臣として1万パーセント失格であることは当然、国会議員としても公務員としても、そして人間としても完全に失格です。

 

 

ちなみに安倍が吐血したとの報道がありましたが、なんとそれは安倍が国会を開かなくても良いように秘書官が仕組んだ芝居だった可能性があるんだそう。

 

その数日前には王貞治らと7万円のステーキを食べて談笑していたそうだから、信ぴょう性があります。

 

ほんとうに酷い!

 

こんな時期に総選挙をすればまた感染拡大が心配ではあるけど、このままでは日本は滅亡してしまうから多少のリスクを負っても選挙をして安倍一味を落選させる方が良い。

 

安倍のみならず特に甘利、小渕、加藤勝信、麻生らは絶対に落選させなければなりません。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

吉村知事の罪

  • 2020.08.06 Thursday
  • 11:17

吉村大阪府知事のうがい薬騒動。

 

彼のお騒がせはそれだけでなく、DNAワクチン開発のアンジェス社に関する情報でも前歴があります。

 

十数年赤字を続けているにも拘らず倒産しないアンジェス社。

 

それはどんどん株券を発行して、それを買う人がいて資金調達できているから。

 

企業は赤字でも資金調達ができれば倒産しません。

 

そんな会社の株式時価総額は1900億円!

 

PERなんてもちろん算出不可能。

 

日本人としてワクチン開発に成功してもらいたいのは当然だけど、そんなとんでもない株価の会社に投資する勇気は私にはありません。

 

そしてその会社の宣伝をしている吉村知事。

 

知事が宣伝するたびに株価は上がり続けました。

 

政治家としてはどうなんでしょうかね。

 

 

人は誰もがなにか心配事があれば根拠のないものでも頼ってしまうもの。

 

宗教はその典型。

 

人々を倫理的、人道的な行動に導くような点では否定しないし、人知ではどうしようもできない死に向かい合うような時の救いとしての存在価値は認めるけど、どうなんでしょう。

 

テロを誘発することもあるイスラム教に対してキリスト教は平和だと思われているけど、過去には十字軍の遠征(実質は中東への侵略)を行っているし、中世の歴史を紐解けば宗派内の争いも度々。

 

いわんや、政党を作って悪魔の自民党政治に寄生するカルト宗教なんて私には到底受け入れられません。

 

そしていまだに市中にはびこる占い。

 

相談者に対して適当なことを言ってお金を取るのは如何なものか。

 

建てた家の方角が悪いとか言われると多くの人は信じないまでも不安を覚えてしまいます。

 

私に言わせれば一種の恐怖ビジネスですな。

 

 

恐怖を煽るビジネスに対して、楽観論を煽るビジネスも。

 

新型コロナが「風邪のようなもの」と定義するのも一種の楽観論ビジネス。

 

あるテーゼに対してアンチテーゼを掲げれば注目されて、名前も原稿も売れるし、もし後になってアンチテーゼが正しいと証明されれば一躍英雄です。

 

あるテーゼに対してネガティブチェックを行うことは科学技術においても人文科学においても必要だけど、それにはきちんとしたエビデンスとか論理展開の機序を示すことが必須。

 

インフルエンザとの比較程度の薄っぺらいアンチテーゼを主張するような人の言うことを安易に信じてはなりません。

 

そんな人の言い分は、原発事故で放射性物質が拡散された時の「低線量放射線は危険ではない」との言い分を思い出させます。

 

そして甲状腺検査をする必要はないとの言い分も、PCR検査をする必要はないとの言い分と同じ穴の貉だと思います。

 

生命・健康のリスクのあるものに対しては慎重になるべきです。

 

 

もちろん、事が良い方向に進めばそれに越したことはありません。

 

そうなった時には、「あの時はちょっと過剰に対応しすぎたかもね」と笑っていれば良いんです。

 

 

今日は広島に原爆が投下された日。

 

そんな中でも、安倍は「敵基地攻撃」能力を備えることに躍起になっています。

 

本当にこんな男は首相の座からも議員の座からも引きづり下ろさなければなりません。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

国家公務員に再就職。「公務員としての自覚を持て」ってどの口が言っている!

  • 2020.08.04 Tuesday
  • 23:01

今日は大変な暑さ。

 

それでも頑張ってソルフェージュ教室には行ってきましたよ。

 

ピアノ初見は4/4や3/4拍子はどうってことないけど、案外2/2拍子が難しい。

 

2/2拍子の曲なのに無意識に3/4で弾いて訳が分からなくなってしまうことが何度も。

 

あとは五線譜読みのレッスンが音読みではなくてピアノの鍵盤をたたく方法に変わって、何度もオクターブ違いをしてしまいました。

 

まあ、10年ぶりのピアノだからしょうがないですね。

 

慌てずじっくりと行くことにしましょう。

 

 

今日は私の64歳の誕生日。

 

SNSでお祝いをもらったりしたけど、歳が歳だけに嬉しいとかいうものではありませんね。

 

それより嬉しかったのは、料理が得意な娘が私の好物を作ってくれていたこと。

 

その辺のフレンチ店よりもよほど美味しかった。

 

 

かみさんからはシャツを貰いました。

 

 

歳をとるのは嬉しくはないけど、こうして家族から祝ってもらうのは嬉しいもんです。

 

 

さて、新型コロナの件。

 

今日メールで誕生祝いのメッセージをくれた友人の一人は、武田邦彦氏の「コロナは風邪みたいなもの」論を信望しているそう。

 

先日の連休も遠くまでGO TOしてきたらしい。

 

世の中にはこんな奴もいるのだから、GO TOキャンペーンを打った政府の責任は重い。

 

沖縄など、米軍基地問題で苦しまされて、GO TOキャンペーンで医療崩壊を起こされて散々です。

 

その沖縄を「やるべきことをやってこなかった」と批判をする菅はいったいどんな神経をしているんでしょうか。

 

頭が悪いのは分かっているけど、性格の悪さはその上を行っていますね。

 

顔を見ただけで気分が悪くなる相手は安倍が筆頭だけど、菅も安倍に次いで気分が悪くなります(以下、麻生、茂木、そして田崎史郎などが続きます)。

 

 

私の郷里富山では今日6人の新規感染者。

 

先月末に母と面会してきた姉によると、母は何度も「家に帰りたい」と訴えたそうです。

 

そりゃ、コロナ前は姉が毎日のように面会に行き、私も1〜2カ月ごとに面会に行って外食やドライブを楽しんでいたのだから、サ高住から一歩も外に出られず、家族とも会えないなんて地獄の様なものです。

 

それを思うと、安倍内閣の頓珍漢なコロナ対策には本当に返す返す腹立たしい。

 

 

愛犬達とのお散歩は夜の9時を過ぎてから。

 

それでも夜になっても蒸し暑い。

 

途中でミニチュアダックスを連れた若い女性が寄ってきて話しかけられました。

 

普段なら喜んでお相手するけど、こんな時期だと、そして特に若い女性だとやっぱり怖い。

 

腰が引けた私の様子を察知してか、女性はすぐに立ち去ってくれたけど、ちょっと申し訳ないことをしてしまいました。

 

 

ところで先日町内会長さんから頼まれて仕方なく受けた国勢調査員の仕事。

 

今日、事前マニュアルが送られてきましたが、その中に「国勢調査員の身分は、非常勤の国家公務員です」の一文が…

 

 

30数年勤めた会社を退職し、その後フリーライターの仕事に就き、そして今度は国家公務員?

 

再々就職したということになるのかな。

 

それにしても「公務員としての自覚を持つこと」との一文には笑ってしまいますね。

 

赤木俊夫さんに言われるのなら良いけど、安倍の犯罪を隠蔽し続ける他の公務員からそんなことを言われたくはありません。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

ええじゃないか、ええじゃないか

  • 2020.08.04 Tuesday
  • 00:26

今朝の羽鳥慎一モーニングショー。

 

PCR検査を巡って、政府側の釜萢氏と玉川氏が喧嘩寸前のバトルを繰り広げていましたね。

 

PCR検査の拡充を否定する釜萢氏の言い分はあきらかに官邸への忖度を背景にしたものに感じました。

 

他国でPCR検査を日本の100倍以上行い感染拡大をある程度食い止めている中で、なぜ日本はできていないのかについて、「PCR検査をすれば問題が解決するというものではない」との釜萢氏の言い分は回答になっていない。

 

更にPCR検査の偽陰性(特異度)が3割もあるというのはおそらく誤り。

 

福島原発で放射能汚染を激しく追及した元東電社員で現在は医師の小野氏は、PCR検査の正確さは99.999%であると様々な論文を用いて看破しています。

 

PCR検査否定派は、これまでそれは99%だからその1%の擬陽性の為に医療崩壊を起こしてしまうとの論を張っていましたが、それも問題なのに、さらに3割もあるというのは明らかにおかしい。

 

日本の技術はガラパゴス化が進んでいると言われて久しいけど、釜萢氏の論はまさにガラパゴス。

 

ただ、おそらく釜萢氏も自分の言い分が間違っていることを知っているのだろうと思います。

 

釜萢氏は政府から叙勲も受けた名士。

 

そして政府から分科会のメンバーに選ばれたのだから、政府に忖度せざるを得ないのでしょう。

 

 

日本人、特に官僚は自らの無謬性を守るのが悲しい習性。

 

途中で間違ってたと分かっていても、一旦こうと決めたら絶対に間違いを認めようとはしません。

 

そして安倍もそんな悲しい習性を持った男。

 

アベノミクスの失敗も決して認めず、反論に対しては賃金統計やGDPの改竄をしてまでごまかそうとしています。

 

アホノマスクもしかり。

 

モリカケ疑惑についても自分の非を一切認めようとしません。

 

こんな男を総理大臣に据えた我々日本人は悲劇です。

 

 

一部の学者は、新型コロナは弱毒化してもはや風邪と同じ様なレベルに近づいた可能性があると言います。

 

我らが児玉龍彦先生も、絶対に安心はできないが日本人が得た交差免疫が発症、重症化を免れている要因かもしれないと言っています。

 

実際に第一波の時には沢山の重症者が出たけど、今回はそれに比べて少ないとも言われています(今後増加する可能性はあるけれど)。

 

我々重症化リスクが高い老人、特に為政者はそんな楽観論に基づいて行動するわけには行きませんが、これだけ政府の無為無策な状況を見ると、そんな楽観論を信じてみたくなります。

 

それはあまりに無能な安倍政権、そしていまだにそんな安倍政権を支持する3割の国民に対する絶望感の表れです。

 

江戸末期に流行った「ええじゃないか」運動は、幕府への民衆の怒りを表したものだと言われていますが、この際我々も「ええじゃないか」と踊り狂ってみましょうか。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

たまらなく可愛い愛犬達

  • 2020.08.02 Sunday
  • 22:53

今朝は町内会の公園清掃の日。

 

雨がいっぱい降って少し晴れが続くと草はぼうぼう。

 

暑さと左肩の痛みに耐えながら雑草をとっていると頭がクラクラしてきました。

 

清掃後の役員会は、部屋の中には入らず公園でお互いに距離をとっての立ち会議。

 

それも5分ほどで切り上げて解散。

 

でも、こうして役員さん達が集まって話をするだけで、自粛のストレスも少しは緩和されますね。

 

話題は、我が県と市の首長のコロナ対策。

 

県知事はまだまともだけど、市長がアホでどうしようもないというのが皆の一致した意見。

 

おそらくどこの街でもそう思っている人が多いだろうから次の選挙では落とされるでしょうね。

 

 

頭がクラクラしたので家に帰ってからはしばし午睡。

 

起きてからかみさんが茹でてくれたうどんと冷凍食品でお昼ご飯をいただきました。

 

その後もまだ頭のクラクラが残っていたけど、サンちゃんをお風呂に入れてやりました。

 

二度洗いして湯船に一緒に浸かって、上がったらブラッシングしながらドライヤー。

 

サンちゃん1人でもこちらは汗びっしょりでクタクタになってしまいます。

 

 

それで疲れてしまってまた午睡。

 

そもそも朝はいつも5時半とか6時になるとサンちゃんに顔を舐めて起こされるので少々睡眠不足気味。

 

こうして午睡をとって睡眠時間を調整しています。

 

 

夕方はかみさんも一緒に愛犬達とお散歩へ。

 

今日は夕方になっても暑いので、愛犬達にはかみさんの作ったスカーフに保冷剤を入れて首に巻いてやりました。

 

それでも愛犬達には暑いのか、今日のお散歩はのんびりペース。

 

家の前の道路についたところで私とサンちゃんだけでダッシュをしました。

 

のんびりサンちゃんも家が目前に見えると猛然とダッシュしてくれます。

 

 

↓は夜になってから撮った写真だけど、愛犬達の首にはスカーフを着けたまま。

 

とっても似合っています。

 

 

娘に食後のガムを貰う時は、まずひとりずつ「お手」。

 

 

そして「お代わり」

 

 

最後は「同時お手」。

 

二人一緒にお手をする姿がたまらなく可愛い。

 

 

政府はペット繁殖業者の数値規制を検討している様だけど、実体としてほとんどの繁殖業者(ブリーダー)では繁殖期が過ぎれば、遺棄したり処分したりと言うのが現実。

 

よくもこんな可愛い仔達にそんな扱いができるもんですね。

 

ペットショップでの生体販売を禁止しなければ根本的な問題は解決しません。

 

山中に遺棄されていたサンちゃんがどれほど不安で寂しかっただろうと、そしてペットショップで出会ったキュート君がどれだけ劣悪な環境で育ったのかと思う度に、そんな簡単な法改正すらできない政府に腹が立ちます。

 

PCR検査が日本の数百倍できて、ペットの生体販売の禁止が進む欧米に対して、わが日本の実態が本当に嘆かわしい。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

AD

ad

ADa

ad3

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM