愛犬達にありがとう

  • 2019.12.10 Tuesday
  • 21:10

今朝は交通安全立哨当番。

 

かなり厚着かなあと思いながら、セーターにダウンジャケットで出掛けたけど、じっと立っているとやはり寒いので厚着でちょうどよかった。

 

終わってからは愛犬達を連れてちょっと遠くの公園までお散歩。

 

同じ格好で行ったのだけど、今度は暑すぎ。

 

お日様が出てきたのと、じっとしているのと歩くのではまったく違う。

 

先日、混合ワクチンを接種した愛犬達は、3日ほど安静が必要だとのことでお散歩に行けなかった分、今日は元気いっぱいに歩いてくれました。

 

家に帰ると疲れた愛犬達はぐったり。

 

IMG_0927.JPG

 

可愛い姿を見て、また今日もオキシトシンがたっぷりです。

 

 

昼過ぎに友人からお誘いの電話。

 

カフェに行って2時間ほど話しましたが、彼の話は暗い話ばかり。

 

独身で派遣社員をしている妹のことで苦労しているとか、もう定年しているのに現役時代の嫌な上司への恨みなど。

 

彼としてはそんな話を私にぶちまけて気分を晴らそうとしているのだろうけど、そんなことをしてもストレスは解消されないだろうと思います。

 

私にもいろいろと心配事やストレスはあるけど、愛犬達とお散歩したり可愛い仕草を見てオキシトシンがたっぷりでているから、それほど暗い気持ちになることがないんだろうと思います。

 

キュート君、サンちゃん。

 

お前たちのおかげでパパは幸せだよ。

 

ありがとうね。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

貧乏性は死ぬまで治らない

  • 2019.12.01 Sunday
  • 00:31

我が家に防音室を作ったことを機に、あちこちの整理を始めたかみさん。

 

倉庫の片隅から使っていない電気ストーブが2台も出てきました。

 

つけてみると、なんだか変な匂い。

 

どこかが経年劣化しているのかもしれません。

 

臭いし、危険なので処分することにしました。

 

かみさんは防音室用と脱衣所用にダイソンの空気清浄機付き暖冷房機を買いたいと言い出しました。

 

ところが、今朝防音室に置いたエレクトーンをPA(パワーアンプ)に接続する際にエアコンをつけてみると、あっという間に暖まります。

 

エアコンは暖まるまで時間が掛かると思っていたのだけど、防音室は気密性が高いのですぐに暖まる様です。

 

なので、かみさんが必要だと主張する2台の内、1台は不要に。

 

残るは脱衣場用の1台ですが、これも従来通りリビングにあるダイソンを愛犬達をお風呂に入れる都度移動すれば済む話。

 

ただ、今リビングにおいてある空気清浄機兼加湿器の交換用フィルターが5000円以上もするから、それを交換するくらいなら暖房も可能な空気清浄機付きダイソンに交換した方が良いのかなというのがかみさんの考え方。

 

というのも、今ダイソンが自社サイトで特価セールをやっているからだそう。

 

10万円以上もするものが6万円程で買えます。

 

ところがイオンでも旧型のものを2万5千円程でセールをしています。

 

それなら脱衣所用に安価なダイソンを買った方が良いような気もしますし、そもそもモノばかり増えて無駄なような気も。

 

まあ、女性というものはいろいろとお金を使うことを考えてしまうものですね。

 

と言うと、

 

「あなたみたいにしょっちゅう高いクルマを買い替えるのと比べると安いもんでしょ」

 

と言われるのが見えているので言いませんけどね。

 

 

エレクトーンをPAにつなぐのは結構面倒でした。

 

スピーカーの裏側についているミキサーにはスイッチやプラグが沢山あって訳が分からなくなります。

 

前回も苦労しましたが、今回も大変でした。

 

でもこれで構造が大体理解できたので大丈夫かな。

 

明日は、エレクトーンの先生が我が家に出張レッスンに来てくれる予定だそうです。

 

 

今日は午後からピアニストさんが我が家のホールでコンサート。

 

ショパンやベートーベンの好きな曲ばかりだったので聴きたかった気もするけど、終了後に話好きなピアニストさんに捕まってしまうのが嫌だったで私は居留守。

 

ずっと部屋に籠って下から聴こえるピアノを鑑賞していました。

 

 

コンサートが終わって彼女が帰ってから、私は始動開始。

 

夕食は外でいただくことにしました。

 

行ったところは、回転寿司ならぬ「回転鍋」。

 

私は焼き肉に行きたいと思っていたのに、かみさんが、

 

「その焼き肉屋はランチの方がはるかにお得。お昼でも夜と変わらない良いお肉を出すし…」

 

と反対されたんです。

 

で、かみさんの提案が最近テレビでも話題になっている回転鍋。

 

テーブルに置かれた電磁調理器の上の鍋に、コンベアに流れている食材を自由に取っていただくと言う仕組み。

 

IMG_0900.JPG

 

お値段は3000円弱と安いし、お肉をはじめほとんどの食材は食べ放題。

 

母の入院以降、心労で3キロほど体重が減ってしまった私の身体は大量のお肉を欲していたので、その点では良かった。

 

でも、満足度という点では今一歩。

 

安く済んだけど、なんだかなあという感じでした。

 

 

ところで家の中を整理していたかみさんが発見したのが20年前の我が家の財産録。

 

その総額は、現在の7%程度。

 

その時から20年で随分増えたもんだなあと感慨深い。

 

増えた要因は、金現物の高騰と株式の含み益の増大、退職金もあるけど、なんといっても最大の要因は毎年地道に倹約を重ねて預貯金を積み重ねて来たこと。

 

その分、定年後にはある程度お金を使っても良いはずなのだけど、なかなか贅沢ができないのが我が家。

 

町内会長さんは会社を畳んだ後に300万円もする腕時計を買ったと自慢していたけど、貧乏性の私には300万円どころか30万円の時計を買うなんてとてもできません。

 

貧乏性は死ぬまで治らないんだろうな。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

防音ルーム工事で二週間は忍従の生活

  • 2019.11.05 Tuesday
  • 20:18

今日から二週間は我慢の日々が続きます。

 

それは我が家のリビングの横の部屋の防音工事が始まったから。

 

一番大変なのは、愛犬達。

 

知らない人達が部屋に入ってくると、自分の城を守ろうと吠えまくるから、別の部屋に置いておかねばなりません。

 

今日愛犬達を連れて行ったのは、5階の娘夫婦の部屋。

 

ところがペットシートをあちこちに敷いてあっても、当てつけの様にあちこちでおしっこ、ウンチ。

 

どうしようもないのでマナーベルトをしました。

 

 

工事はあちこちの導線の養生から。

 

エレベータの中もきっちりと養生してありました。

 

IMG_0784.JPG

 

運ばれてきた防音扉はがっしりしていてとんでもなく重い。

 

IMG_0785.JPG

 

防音工事は、既存の天井、壁、床は残して、その上から3重に防音材を張り付ける様です。

 

IMG_0786.JPG

 

工事の様子を見ていると通常の工事より随分手間がかかる様です。

 

これなら工期が2週間というのも仕方ないのかな。

 

 

それでも愛犬達を毎朝夕、階段を抱っこして上り下りするのは大変。

 

私たちのフロアと娘夫婦のフロアはエレベータがないので階段を使うしかありません。

 

そして悪さをさせないためには、私がずっと一緒にいてあげなくてはならないのがまた大変。

 

さらに、娘の部屋はアイコスでも禁煙だというのでその度に下に降りなくてはなりません。

 

だから外にお散歩に連れ出すのも今日は中止。

 

その代わりに、娘が仕事を終えてからアマゾンプライムで恐怖映画を見せてくれ、コーヒーを入れてくれました。

 

愛犬達も私にくっついて大人しく一緒に映画を観ていてくれました。

 

 

それでも生活パターンが変わるというのはやはり大変。

 

二週間はそれに耐えないとならないですね。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

本当に悩ましい

  • 2019.11.04 Monday
  • 21:29

一昨日まで淡路島に旅行に行ったばかりだけど、昨日もまた旅行。

 

学区の役員研修会という名の日帰り親睦旅行でした。

 

正直言えば、二泊三日の長距離ドライブをして来た私はパスしたかったのだけど、学区の役員研修会ということなので欠席するわけには行きません。

 

乗り気ではなかったけど、旅行そのものは楽しかった。

 

古い城下町を散策したり、

 

IMG_0752.JPG

 

IMG_0756.JPG

 

お昼は囲炉裏端で美味しいお魚や獅子鍋を頂いたり、

 

IMG_0764.JPG

 

終戦後に再建された学校を見学し、

 

IMG_0768.JPG

 

その教室で、社会科の授業を受けて、音楽の授業と称してオルガンの伴奏で故郷を謳ったり…

 

IMG_0772.JPG

 

でも、流石に最後は疲れてしまってバスの中ではぐっすり寝入ってしまいました。

 

 

その旅行に出発する場所には、どこかで見たような人が数人。

 

聞くと、衆議院議員と県会議員、そして落選中の元議員だそう。

 

それも全員が自民党。

 

それに対して野党議員のお見送りはゼロ。

 

いやいや、自民党の地元密着活動恐るべしです。

 

旅行には衆議院議員の息子で秘書をしているという若い男も参加していました。

 

そうとは知らない私は、みんなが集まって政治談議をしているところに入って皆と一緒になって安倍政権への不満をぶちまけましたが、息子も社会保障費の負担増、消費税増、対韓国政策に対しては反対の立場の様子。

 

ただし、今後増大する社会保障の為には已むをえないとか、徴用工・慰安婦問題などは韓国のでっち上げだとか言っています。

 

私なりにそれについて具体的な事例をあげて反論をすると、十分な知識は持ち合わせていない彼は「知らなかった」。

 

いずれは親の地盤、看板、鞄を引き継いで政界に出るつもりらしいけど、こんな知識レベルの男がいずれは自民党議員となるというのだからどうしようもありません。

 

彼が議員の子供で秘書だとはつゆ知らず、同じ学区の住民を議論で打ち負かすことは大人げないと思って柔らかく反論しただけだったけど、彼がそんな立場にあって、そして自分の選挙活動の為にこうして学区の行事に参加していると分かっていればもっと徹底的に理論で打ち負かしてやればよかった。

 

ただ、政治談議に参加していた人達も全員が安倍は大嫌いだそう。

 

それでも当地で自民党が議席を獲得しているのは、こうした地道な地域密着活動の賜物なんでしょうね。

 

 

昨夜はぐっすり眠ることができました。

 

それでも今日は町内会の公園清掃日。

 

昨日一緒に行った人も元気に参加されています。

 

清掃後の役員会には、地元の社会福祉協議会のスタッフから防災についての説明とお願いがありました。

 

この町内は戸建てがどんどん減ってマンションばかりになっているので、隣近所との交流がなくなり、災害時などいざというときにお互いに助け合う基盤が少ないんだそう。

 

なので、個人情報を犯さない範囲内で、マンション内の高齢者、要介護者、一人暮らしの人のマップを作りかけているんだそう。

 

幸い、我が町はハザートマップ上も、火災時の延焼リスク面でも、地震時の建物倒壊リスクもほぼゼロと県内でトップの安全地帯だそう。

 

だけど、マンションの場合は停電しただけで水道が使えなくなったり、広域で被害があった時にはこの地域まで支援が回らないとか、周辺の地域から大勢の避難民が押し寄せてきて混乱する可能性もあるのだそう。

 

そうなった場合に大変な思いをするのが、一人暮らしの人、要介護の人、高齢者だそう。

 

その為に、そのスタッフさんは本来の仕事の枠を超えて精力的に活動しているんだそう。

 

最後に挨拶に立った町内会長さんは、

 

「高層マンションが立ち並ぶ我が町だけど、文化だけは昭和のままでありたいと思っている」

 

と話しました。

 

確かにそうですね。

 

 

役員会が終わった後、会長夫人から、

 

「あんたしか町内会長ができる人はいないの!だから早く仕事を覚えて頂戴ね」

 

ときつく言われてしまいました。

 

確かに、こんな住みやすく良い人ばかりの町内のお世話になっているんだから、次の会長職は引き受けざるを得ないんだろうとは思います。

 

でも、私の母のこと、そして脳梗塞の後遺症で認知症が急激に進みつつある義父のこと、さらにはいずれは介護が必要になるだろう義母のことを考えると躊躇せざるを得ないのも事実。

 

本当に悩ましい。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

かみさん曰く「今のうちに遊んでおかなくっちゃ」

  • 2019.10.27 Sunday
  • 23:31

今日はお昼のライブへ。

 

親しい女性サックス奏者さんからお誘いがあり行ってきました。

 

今日は、彼女が30歳のバースデーライブだと聞いていたので行かない訳には行きません。

 

彼女は以前私のホールで計3回のライブを開いてくれました。

 

まだまだ売れていない時でしたが、「小さなチャルダッシュ」という曲で会場のお客さんの殆どがスタンディングオベーションをしたぐらいの技量の持ち主。

 

ライブの後であまりの観客の反応に感動のあまり大泣きしていた彼女の姿を今でもはっきりと覚えています。

 

打ち上げで行ったカラオケでは、クラシック奏者なのにちあきなおみや石川さゆりの歌を歌ってくれて笑わしてくれました。

 

プロ奏者の彼女の歌が思いの外音痴だったのも面白くて良かった。

 

その後、彼女はあっという間にソロリサイタルを開く程の人気者になり、また私の母や姉の義母、そしてかみさんの父親が入院するなどで昨年の3月から私が主催するライブは中断。

 

だから1年半ほど彼女のライブを聴いていませんでした。

 

 

今日のピアニストは、うちのライブでも彼女の伴奏をしてくれた男性。

 

小さい頃から天才少年と言われていましたが、東京芸大の最終面接で落ちて一般大学に進み、公務員になったという経歴の持ち主。

 

英雄ポロネーズやラ・カンパネラ等の超難関曲もスラスラと弾きこなします。

 

だから私たち夫婦も楽しみにしていました。

 

お客さんには、かみさんが呼んだ団体さんや我が家でのライブを機に知り合いになった方もいて楽しかった。

 

奏者さんとも久しぶりにお話ができて楽しかった。

 

IMG_0429.JPG

 

IMG_0437.JPG

 

そして演奏もとっても素晴らしかった。

 

サックス奏者さんは、曲間のトークで突然私の実名を出して紹介してくれてびっくりしたけど、まあ私も楽しかったから良いかあ。

 

ラストは、小さなチャルダッシュ。

 

後で聞くと、私のホールで大好評を得たのをきっかけに自分自身でもこの曲が一番好きになったんだそう。

 

アンコールは、テキーラ。

 

ピアノのすぐ横の席だった私は、譜面を見て彼女が曲名を紹介する前に大きな声でばらしてしまったけど、私をネタにトークされた仕返しですね。

 

かみさんは誕生日のお祝いにとマフラーを用意したのだけど、かみさんの知り合いの方も花束とお菓子を持ってきてくれていました。

 

沢山のプレゼントをもらった彼女はとても嬉しそうでした。

 

IMG_0442.JPG

 

 

本当はしばらく会場に残ってみんなとお話ししていたかったのだけど、ライブ開始の前にかみさんのお母さんからSOSの電話。

 

義父がズボンを一日に何度も汚すようになってしまい、ズボンを買いに連れて行って欲しいのだそう。

 

会場を出てその足でかみさんの実家で義母をピックアップしてスーパーへ。

 

義母の話によると、義父は脳梗塞の後遺症で尿意がないので定時にトイレに行くように言ってあるのだけど、言うことを聞いてくれず漏らしてしまうんだそう。

 

おしめと尿パットをしていても量が多いのかべちゃべちゃになってしまうそうです。

 

それだけならともかく、義父は益々怒りっぽくなって、更に認知症の症状が出てきたようです。

 

私の父の時もそうだったけど、認知症になると介護する方は大変です。

 

父の時のことを思い出すと、認知症は良くなることは殆どなく、日に日に進行していくもの。

 

私の両親の場合は夫婦仲がとっても良かったので、母はそんな父でも甲斐甲斐しく面倒を看ていてくれたけど、義父母の場合は元から夫婦仲はそれほど良くありません。

 

だから義母の心労は相当なものだろうと思います。

 

今後、義母はかみさんを頼ることが増えるだろうと思います。

 

 

帰りは、かみさんはサックスサークルに参加するために百貨店の近くで下車。

 

私は家に帰って愛犬達をお散歩に。

 

帰ってからは娘が撮っておいてくれたワンコのテレビ番組を3本ほど見ていました。

 

サンちゃんはテレビのワンコを見てぎゃんぎゃん吠えるのだけど、それも可愛い。

 

 

かみさんは連日の遊びで少々疲れ気味。

 

私も定年後にしては遊びすぎ、お金を使いすぎの様な気がします。

 

それをかみさんに言うと、

 

「これから何が起こるか分かんないんだから遊べるうちに遊んでおかないとね」

 

だそうです。

 

確かに、今後どんな天災に襲われるかもしれないし、両方の親のことでもいろいろとありそうだし、そして私たち自身の身体がいうことをきかなくなる時が必ず来ます。

 

今のうちに遊んでおけば、苦しい時期になっても楽しかった思い出に浸って幸せな気分になれるでしょうしね。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

大災害の中でも音楽を楽しんできたことに罪悪感を覚えてしまう

  • 2019.10.13 Sunday
  • 20:39

台風19号による各地の甚大な被害の映像を見て戦慄が走りました。

 

我が家は幸いなんの被害もなかったけれど、家が浸水してしまったり、土砂で押しつぶされてしまった方々のことを思うと本当に胸が痛みます。

 

いくらガラス戸に養生テープを貼っても、玄関先に土嚢を積んでもこれだけの水、土砂が押し寄せたらどうしようもありません。

 

 

このところこんな災害が続いています。

 

災害に遭わないためにはどんなところに住んだら良いのか、どんな家を建てれば良いのか?

 

その昔、誰かの分析で日本で一番自然災害に強いのは岡山県と富山県だとのレポートを読んだ記憶があります。

 

ところがその一角の岡山は大水害に見舞われたし、残る富山も一級河川が何本も走っているから必ずしも安全だとは言えなくなりました。

 

つまり、日本全国どこに住んでも安全だと言えるところはないということ。

 

後は、家。

 

先日の千葉県の台風被害の映像を見ていると木造家屋は自然災害に対してはおもちゃの様なもの。

 

必要な老後資金が2千万円と言われているけど、年を取ってから家を建て直さなければならないとすると資金的にまったく無理な話です

 

じゃあ、マンションはどうかというと、阪神淡路大震災の時には私の住んでいた西宮市のマンションの多くは途中階部分が押しつぶされたり、1階の駐車場部分が完全につぶれたりしていました。

 

高層マンションだと、停電時にエレベータが動かくなれば大変ですし、上層階は地震の際にとんでもなく酷い揺れ方をするそうです。

 

我が家は重量鉄骨ALCの5階建てだから幾分かは安心だろうけど、海抜たった7mの低地。

 

それもかなり古いからあちこちで経年劣化が始まっているかもしれません。

 

今回はなんともなくて済んだけど、不安はずっと付きまといます。

 

もしお金がふんだんにあれば、お城のそばの台地にRC作りの家を建てたいなあと思います。

 

 

そんな不安な一日を送ったけど、今日は音楽教室の発表会の日。

 

台風一過で晴天の中をかみさんと娘と一緒に出掛けました。

 

懸念していたギターソロの部分はやはり指が震えて上手く弾けなかったけど、ストロークは完ぺきだったし、ヴォーカルの方もまあまあ。

 

娘のベースもかみさんのサックスも完璧でした。

 

キャプチャ.gif

 

ただし、最後の部分でプロのドラマーさんがミスしてしまい、さらにギターの先生が一か所音を外すという何とも言えない残念な終わり方。

 

プロでも間違えるということですね。

 

会場には、以前自宅でライブを開催した時に来てくれて以来親しくなった方も応援に来てくれました。

 

発表会終了後に、彼、そしてヴォーカルの先生との音楽談義も楽しかった。

 

 

発表会そのものはとっても楽しかったけど、やはり各地であれだけの被害があったのだから、いつもの様に楽しい余韻が残るという訳には行きませんでした。

 

夕食はかみさんと一緒にクルマで外食に出掛けましたが、クルマの中でも台風被害の話題ばかり。

 

自分達だけ、音楽を楽しんで、美味しいものを食べに行くことに罪悪感を覚えてしまいました。

 

 

そんななかで安倍は、台風が迫っている中でフレンチを楽しんでいたそう。

https://www.msn.com/ja-jp/news/national/台風19号上陸の24時間を検証。甚大な被害の中、安倍総理は何をしていたか%ef%bc%9f/ar-AAIHMVT?ocid=spartanntp

 

これだけの被害が明らかになってきた中で、安倍は罪悪感を感じてくれているんでしょうか。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

自己超越

  • 2019.10.08 Tuesday
  • 23:54

先日行ってちょっとがっかりしたバイオリニストさんのライブ。

 

出来不出来以前に、ちょっと聴き過ぎて飽きてしまったのかなあとも思っていました。

 

そして今日はそのバイオリニストさんのライブが開催される日。

 

かみさんは、どうしようかなあという感じだったけど、とにかく行くことにしました。

 

その理由の一つは、今日のピアニストさんがクラシック出身者でバイオリニストさんと合うのじゃないかということ。

 

もう一つの理由は、大きな商業ビルがスポンサーとなっていて無料だったから。

 

 

結果を言えば、行って大正解。

 

ジャズピアニストのようにテンションを多用することがないピアニストさんとバイオリニストさんの息はぴったり。

 

さらに今日はコントラバスとガットギター、さらにフラメンコダンサーが参加するという豪華メンバー。

 

最初の曲から夢心地の様な心地良さ。

 

楽曲も、私たちが大好きなカッチーニのアヴェ・マリアに、リベルタンゴ、チャルダッシュに彼のオリジナル曲。

 

ただでさえ超絶技巧曲のチャルダッシュは、途中からテンポを上げてとんでもなく速いテンポ。

 

そしてフラメンコダンサーの踊りも素晴らしかった。

 

屋外ライブだったのですが、演目が進むに連れて素晴らしい音色に引き寄せられたのかいつの間にか超満員のお客さん。

 

その中には外国人のお客さんも数人いて大声で歓声をあげていたので更に盛り上がりました。

 

 

帰りの電車の中でかみさんは、

 

「この前のライブでしばらく行くのは止めようと思っていたけど、行って良かった。これまでの中でも最高の出来だったね!」

 

と大興奮。

 

私も行く前はなんだか気怠かったのだけど、いっぺんで元気になってしまいました。

 

 

 

今日の午前中に会った友人。

 

高級時計、スマホ、クルマを次々と買い増ししたり、買春目的の海外旅行で遊びまくっている独身貴族。

 

ところが、モノや旅行には少々飽きてきたと言います。

 

今住んでいるマンションを売り払って、実家で一人住まいの母親と同居し、ワンコか猫を飼って暮らすことを考えているそうです。

 

そりゃそうだと思います。

 

モノや旅行なんて所詮受け身。

 

お金さえ出せば手に入ります。

 

マズローの言うところの欲求の第一段階の生理的欲求レベルから第三段階の社会的欲求という低位のレベルです。

 

それよりも親孝行をして、家族と暮らし、動物を愛で、哲学や歴史、楽器などを学ぶ方が、より高次元の愛情欲求や自己実現欲求を満たせるから、そこへ向かうのは必然です。

 

ちなみに私がマズローを学んだのは、30代の頃に販社営業マンの採用支援の仕事に就いたのがきっかけ。

 

外部コンサルタントから、こんな素晴らしくやりがいのある仕事なのに学生が集まらないのはおかしいと指摘されたんです。

 

良い人材を採用しようとするなら、給与や福利厚生以上に、仕事で自己実現ができることを訴求すべきだと学んで、全国の代表者を集めた会議でそれを説明し、採用パンフやセミナーでもそれを訴えました。

 

その結果は、不人気の営業職で、かつバブル最盛期で求人難だったにも拘らず沢山の優秀な学生を採用することができました。

 

学生の方も、給料や企業の知名度以上に自己実現が大事だと分かってくれた人間が入社してくれました。

 

 

ちなみに欲求の五段階説で知られるマズローですが、晩年、さらにその上の段階があると述べたそうです。

 

それは、「自己超越」というもの。

 

見返りも何も求めず、ひたすら目標の為にエゴを捨てて何かの課題や使命に向かって進む欲求だそうです。

 

人類の2%の人がその領域にあるそうです。

 

まだまだたくさんのエゴを持つ私なんかはとてもその領域には達していませんね。

 

 

原子力マネーに群がる政治家や行政官。

 

日本が真に良い国になる為には、「自己超越」の域に達した人だけにそんな地位についてもらわないとならないのだと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

フリーアナウンサーと知り合いになれた

  • 2019.09.12 Thursday
  • 10:37

昨日のヴォーカル教室。

 

基本練習はいつもリップロールとタングロールを繰り返すのだけど、この日はリップロールだけ何度も繰り返し。

 

こうして変化球で来られると日頃使わない筋肉を使うためかしんどい。

 

課題曲のHard days nightでは、相変わらず志村けん流(あるいは演歌流)の歌い方が所々に出てしまって何度もやり直し。

 

日本人なのに英語の歌を流ちょうに歌える人って、よほど訓練を積んできた人なんでしょうね。

 

 

帰り道では、直されたところを口ずさみながら歩きました。

 

家に着いて鍵を閉めようとすると、なんと閉店後の娘のカフェの扉の前に真っ赤なワンピースを着た美人さんが立っています。

 

なにか我が家に用事があるのかなあと聞いてみると、お隣のタワーマンションの住人さん。

 

ワインソムリエの講師をしているそうで、うちのカフェをソムリエ講習会用に貸して欲しいとのこと。

 

それならとかみさんを呼んで話を聞いてもらうことにしました。

 

店内をご案内すると、カフェの内装がすっかり気に入ってもらえた様子。

 

それでお貸しすることになったんですが、話をしていると彼女の声はとっても通る声で、かつ発音もきれい。

 

なんと彼女はフリーのアナウンサーをしているそう。

 

道理で美人でファッションも素敵で声も良いはずです。

 

以前そのタワマンに住んでいた知り合いの弁護士&バイオリニストのご夫妻ともご友人だそうで話が弾んでしまいました。

 

ただ、芸能人の名前も沢山でてきたけど私の知らない人ばかり。

 

知っていたのは平原綾香ぐらいかな。

 

ちなみに平原綾香は、本物もとっても美人でとっても性格が良い人だそうです。

 

ミーハーのかみさんは芸能人の知り合いが沢山いる彼女の話にはしゃいでいました。

 

それにしても、この地に引っ越してお店を構えたおかげでいろんな人と知り合いになれるのが楽しい。

 

 

ところで、安部改造内閣。

 

極右のお友達ばかり。

<LITERA>

https://lite-ra.com/2019/09/post-4965.html

 

日韓関係の改善なんて望むべくもありません。

 

更に加計学園疑惑の中心人物の萩生田が文科大臣だなんて国民を舐めているとしか思えません。

 

そして極右の布陣を覆い隠すために小泉進次郎氏を入閣させるなんて安部の愚民政策が透けて見えて余計に腹立たしい。

 

ただ、こんな安部政権を支持しているのは我々国民。

 

嫌韓政策についても6割の国民が賛成しているそうだから、仕方がないのかもしれませんね。

 

国民が気付くのは、消費増税が実施され、韓国と断交し、東京オリンピックが終わる来年以降なのかもしれません。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

幸せということ

  • 2019.09.10 Tuesday
  • 10:56

昨日、帰省先の富山から帰宅。

 

エレベータの音で私の帰宅に気が付いた愛犬達は、娘に玄関の扉を開けてもらっていたようで、エレベーターの扉が開いた瞬間に飛びついてきてくれました。

 

荷物をいっぱい持っていた私はそこで尻もちをついてしまい、そのまま愛犬達のやりたいように顔をペロペロされてしまいました。

 

ワンコには表情筋がないと言われていますが、私には愛犬達がとても嬉しそうな顔をしているのが分かります。

 

娘が荷物を持ってくれて立ち上がることができ、ようやく部屋の中に入ることができました。

 

 

母はとっても元気でした。

 

帰省最終日の一昨日は、富山では一番のホテルのブッフェレストランで夕食をいただきました。

 

母の為にかなりの種類の食べ物を少しづつ皿にとりましたが、それでもかなりの量。

 

母が全部食べられなかったら私がいただこうと思っていたけど、なんと母は全てを完食。

 

凄い食欲です。

 

 

昨日はサ高住に隣接しているデイサービスの日。

 

そこで母に別れを告げようとすると、どうしても一度自分の部屋に帰ってから私を玄関まで送りたいと言います。

 

部屋に入るとバッグを持ってきます。

 

そして理学療法士さんに車椅子に載せられて玄関先まで出てきて、バッグを開けて私にお小遣いをくれようとしました。

 

だけど財布の中は1千円ちょっと。

 

母に、

 

「お金ならあるから大丈夫だよ」

 

と言っても不満顔。

 

いつもはそんなことしないのにどうしてなのかなあと思っていたら、後でその理由が分かりました。

 

自宅までの帰路の途中で姉から電話があり、

 

「お母さんが昨日のホテルのレストランの代金のことを気にしていて、あんたに10万円ほど送ってやって欲しいと言っているよ」

 

母は、ホテルの食事代を私に払ってもらったことをずっと気にしていたんですね。

 

母にとっては私はいつまでも子供なんだろうなあと思いました。

 

 

ところで、途中で寄ったパーキングでスマホを見ると、知り合いの女性からフェイスブックに気になる投稿。

 

知り合いと言っても、1年ほど前にドッグカフェで一度だけ話したことのある女性。

 

その辺にはなかなかいない様な美女に突然話しかけられて戸惑った記憶があります。

 

一緒にいた愛犬達があまりにも可愛いので声を掛けてくれたんだそう。

 

彼女は老健に勤務する看護師だそうで、母の介護のことなどでいろいろと悩んでいた私と話が弾んでしまいました。

 

フェイスブックで友達になって欲しいと言われたのでお互いに友達登録もしました。

 

びっくりしたのは、その後に彼女から私と愛犬達が映った写真を付けたメッセンジャーが来たこと。

 

彼女なりに仕事のことで悩んでいて、いろんな人とのコミュニケーションの中でそれを解決したいんだろうなあと思いました。

 

 

老健の看護師をしている彼女の投稿は、老健施設に入っているご老人たちのこと。

 

ガンの末期患者、どんどん介護度が上がって行って退所の目処がない人、身寄りのない人、生活保護を受けている人のことが綴ってあり、そんな可哀想な老人たちに自分はほとんどできることもなく、ただ寄り添ってあげることしかないことが苦しい。

 

天職だとは思っているけど、可哀想な老人の前に自分は無力。

 

そしていい年になっても結婚しない自分は親不孝だと思うという内容でした。

 

そんな投稿を見て思わず私はコメントしてしまいました。

 

彼女は私の投稿にいつもイイねをしてくれるけど私はイイねしたこともコメントしたこともないのですが、どうしても彼女に教えてあげたかった。

 

それは、他人から見て可哀想に見える老人でも、昔の楽しかったことを思い出すことで幸せを感じている人が沢山いるんだということ。

 

そしてご両親にとっては、彼女が生甲斐を持って一所懸命に働き、生きていることを見せるのが一番の親孝行だということです。

 

彼女からは深夜になってから感謝の返信がありました。

 

 

 

彼女に偉そうなことを言った私だけど、人にとってなにが幸せかということは本当に難しい。

 

ただ、一つ言えるのは人に喜んでもらえることが自分にとっても最高の幸せだということ。

 

昔の楽しかった思い出も、それは誰かが一緒に喜んでくれたものがほとんど。

 

一人だけで楽しかったという思い出はあまり振り返ることもないだろうと思います。

 

だから、それがあまりできなかった老人でも、今からでも人を喜ばすことを少しでも増やした方が良い。

 

そんな思いを強くした昨日でした。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

煽られる人の被害者意識も恐ろしい

  • 2019.08.22 Thursday
  • 21:11

今日は床屋さんに行って、その後は近所のラーメン屋さんでランチ。

 

家に帰って午後からは昨日楽器店で買ったスケール練習の本でギターを練習しようと思っていたら友人から電話。

 

本当はランチをしたかったらしいが、こちらは昼食を済ませたばかり。

 

なのでクルマで家まで迎えに来てもらってカフェでお茶。

 

 

最近テレビをにぎわしている煽り運転の話になったのだけど、彼はしょっちゅう煽り運転に逢っています。

 

私に言わせればそれは当然の報い。

 

一旦停止はきちんとしないし、一定の速度で走らないし、意味のない進路変更はしょっちゅう。

 

テスラモデルSに乗っている彼は煽られたら、煽り返すことも良くあります。

 

 

私は煽られたことは殆どないけど、煽ったことは何回もあります(10年以上前ですが…)。

 

それは、高速道路で追い越しを掛けようとしたときに、追い越し車線を制限速度以下で運転しているクルマに対してがほとんど。

 

パッシングしてもどかないし、何キロもタラタラと追い越し車線を走られたらこちらはたまったもんじゃありません。

 

パッシングしてもどかないクルマには、車間距離を詰めてクラクションを鳴らしたこともあります。

 

相手のクルマは完全に道交法違反。

 

法規を知らないのか、周囲を全く見ていないか、あるいは意地悪をしているのかのどちらかです。

 

まあ、それ以外にも血気盛んな若い時の私はそれなりに暴れたりもしましたけどね。

 

もともとDNAにサイコパス気質を持っていることを自覚している私は、極力それをコントロールするようにしています。

 

 

私は街中で煽ることはしないけど、殺意を覚えるぐらいに腹の立つことも。

 

まずは、一旦停止を全くせずに突っ込んでくるクルマ。

 

本当に石をぶつけてやりたくなります。

 

それから、こちらが横断する歩行者を待って停止していると、後ろからクラクションを鳴らしてくるクルマ。

 

他にも殺意を覚えるような運転をするアホが沢山います。

 

 

今回のあおり傷害事件のビデオを見ていると、煽られたシーンのみを切り取っているから分からないだけで、おそらく煽られた方にも原因(道交法違反)があったんだと思います。

 

 

今日会った友人がしょっちゅう煽りに逢っているのに対して、私が煽りに逢っていないのは、愚直に道交法を守っているか否かの差ぐらいしか考えられません。

 

 

ただ、世の中には宮崎某の様な抑制のきかないサイコパスが一定数いるのも事実。

 

また、煽り運転だけでなく、通り魔に逢うこともあれば、強盗に入られることもあります。

 

そんなときの為に家やクルマの中に刃物やバットを持っているという人も何人か知っています。

 

私も、家の中に木刀ぐらいは持っていた方が良いと思ったこともあります。

 

実家には昇段のお祝いでもらった赤樫の立派な木刀が置きっぱなしなので、帰省した時に持ち帰ろうとしたこともあります。

 

でも、思いとどまりました。

 

なぜなら剣道有段者の私が本気になって木刀を使えば相手が死んでしまうかもしれないから。

 

剣道はおそらく木刀を持てば最強の武道です。

 

昔、剣道部の忘年会の二次会のスナックでヤクザが暴れだしたときに、警察官で範士八段の先生があっという間に5人ぐらいのヤクザを張り倒したのを今でもはっきりと覚えています。

 

怖いというよりも、あまりにも見事だったので唖然としてしまいました。

 

その時は素手だったけど、それでも範士八段はやっぱり強かった。

 

逮捕術や柔道をやっていたせいもあったんでしょう。

 

その時、先生に言われたのは剣道をやっている人は決してそれを喧嘩に使ってはならないということ。

 

私ぐらいの腕前でも、木刀を持てば相手を殺してしまうかもしれません。

 

だから実家の木刀を持ち帰るのは思いとどまりました。

 

 

ただ、交通法規を愚直に守り、自動運転に任せていれば煽られることはまずありません。

 

高速道路で遅い車がいても自動運転にしていればイライラすることもありません。

 

 

私としては、今日会った友人の様に煽られたと被害者気分でいる人間が実は自分に原因があることに気がついていない方が余程恐ろしい。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

AD

ad

ADa

ad3

selected entries

categories

archives

recent comment

  • そんな内容が「閣議決定」すべきことか!
    porter (12/13)
  • そんな内容が「閣議決定」すべきことか!
    無いものねだり (12/13)
  • 三浦展氏の上流、下流老人の定義に疑問あり
    porter (11/27)
  • 三浦展氏の上流、下流老人の定義に疑問あり
    NIKITA (11/27)
  • オリンピックに3兆円、台風被害には7億円という日本
    アホウドリ (10/20)
  • 年金財政検証の前に、なぜこんな状況になったのかの検証が必要じゃないの
    porter (08/30)
  • 年金財政検証の前に、なぜこんな状況になったのかの検証が必要じゃないの
    m (08/30)
  • 親に「テレビばかり観ているとバカになるよ」って言われていたけど・・・
    porter (08/19)
  • 親に「テレビばかり観ているとバカになるよ」って言われていたけど・・・
    桑子洋一 (08/18)
  • 安部礼賛だった右翼団体すらも安部批判に回った
    porter (06/29)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM