放射能汚染、ウイルスに怯え、民主主義の危機に怯えるなんてもう嫌だ

  • 2020.03.31 Tuesday
  • 23:57

あいも変わらず若者を中心に繁華街に繰り出している日本国民。

 

お金を稼がなければならないからと、バーやクラブを営業し続ける人。

 

ライブハウスで演奏活動を続けるミュージシャン。

 

確かに生活が掛かっていたり、鬱になりそうだったり、今日、明日の生活費を稼ぐためというのは分からなくもありません。

 

でも、今は非常事態。

 

それも自分だけ感染がする訳ではなく、多くの人に移して、それが感染爆発につながり、医療崩壊を起こして多くの命が奪われていくかもしれません。

 

現在の安倍政権の面々を揶揄して、「今だけ、金だけ、自分だけ」という言葉が流行ったけど、ここに上げた人達はまさにその言葉にぴったり。

 

そう考えると、こんな国民が沢山いるのは、安倍の影響が大きいのでしょう。

 

7年間の安倍政権を振り返ると、「今だけ、金だけ、自分だけ」の行動様式を国民に示してきたと言わざるを得ません。

 

 

他方で、まともな国民もまだまだ沢山いることにちょっと安心します。

 

森友事件で自殺した赤木さんの奥さんの署名活動が26万人に達しています。

http://chng.it/LFrLpJZMpj

 

近いうちに河井夫婦を捜査している検察の手が安倍にも及ぶと思われますが、我々国民自身も署名活動に参加して安倍にNOを突き付けなければなりません。

 

 

それにしても新型コロナに対して未だに具体的な政策を出さない安倍政権。

 

給付金を出すと言いながら、いつ決定し、支給するのでしょう。

 

とっくに出しても良い緊急事態宣言もまだ。

 

「お前、アホか」

 

と大きな声で怒鳴りつけてやりたい。

 

人類の歴史上、戦争よりも多くの犠牲者を出し続けている感染症。

 

天然痘、ペスト、スペイン風邪、コレラ、赤痢など、感染症は人類の存続を脅かすほどの存在でした。

 

昔はそれらは風土病とされ、特定地域にとどまっていたけど、今やボーダーレスの時代。

 

それだけ感染症のリスクは格段に大きくなっています。

 

NWの悲惨な状況はテレビでも伝えられているけど、それは明日の日本です。

 

それなのに安倍は全くの無能。

 

頓珍漢な会見を2度ほどしたけど具体策はなにもなく、「今やってます」と蕎麦屋の出前の言い訳の連発。

 

 

広島地検、そして東京地検も協力して、安倍の巨悪犯罪を暴いて一刻も早く逮捕して欲しい。

 

放射能汚染に怯え、ウイルスに怯え、そして民主主義の危機に怯える老後生活なんてもう嫌です。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

来年のオリンピックなど無理。所詮安倍の私欲の為の絵にかいた餅

  • 2020.03.29 Sunday
  • 19:28

森友事件で自殺した赤木さんの奥さんによる署名活動。

 

キャプチャ.PNG

 

現時点で16万を超える署名が集まっています。

 

当サイトの主催者によれば、当サイト始まって以来の最速かつ最大の署名が集まっているのだそう。

 

奥さんはこれに大変感謝され、励まされているそうです。

 

署名がまだの方は是非↓のサイトから入って署名をお願いいたします。

http://chng.it/LFrLpJZMpj

 

 

ところで新型コロナ感染者数は連日記録を更新している様です。

 

ここに至ってもいまだにPCR検査を抑制し続ける安倍政権。

 

本当に頭がおかしいのではないかと思わざるを得ません。

 

ただ一方でここまで感染者数が増えてしまったら、もはや日本中に蔓延させて国民すべてに新型コロナに対する抗体を作らせてしまえという選択肢はあるかもしれません。

 

ただし、その場合は、若い人の多くは抗体ができて発症することは無くなるかもしれないけど、老人や基礎疾患を持つ人は抗体ができる以前に重篤になって命を落とす人が多数にのぼるだろうと言われています。

 

これを意図的に行っていたとすれば、安倍は詐欺師だけでは済まず殺人者です。

 

一部に、日本人の重篤化率が低いのはBCG注射が義務つけられていたからではとの推測がありますが、頭の悪い安倍政権はそんなことまで考えた上で意図的にPCR検査を抑制しているとは考え難い。

 

そもそもその推測はあくまで推測で、実際には日本でも政府発表以上にもっと重篤者がいる可能性もあります。

 

やはり人命を最優先に考えれば、現在は感染者を隔離して感染が広がらないようにし、そしてワクチン開発を強力に推進すべきです。

 

今世界中の医学者が懸命になってワクチンと治療薬の研究開発にあたってくれているのだから、それまでなんとか犠牲者を少なくするのは為政者の役割です。

 

安倍にはその能力も資格もありません。

 

こんな時期に森友事件を追及しているのはおかしいと言う人は沢山いるけど(大半がランサーズと言われる内調に雇われたネトウヨのバイト、および盲目的かつ狂信的な安倍信者だと思われる)、長期戦が予想されるコロナ対策をこのまま安倍に任せていると益々酷いことになります。

 

既に海外メディアは安倍の頓珍漢な対応に大いなる疑問を表明しています。

 

安倍を支持しているのは、島国日本の一部の右翼と政治を全く勉強していない能天気な日本人だけだと言っても良いと思います。

 

 

今日は少々お天気が悪くて、昨日お風呂に入れたばかりのサンちゃんをお散歩に連れ出すのは躊躇われたけど、退屈そうな愛犬達の顔を見ているとそうも言っていられません。

 

かみさんも一緒に、隣り町まで足を延ばしました。

 

1時間以上もお散歩した愛犬達はぐったり。

 

IMG_1332.JPG

 

IMG_1331.JPG

 

 

テレビでは相変わらず開催が延期になったオリンピック選手&候補のインタビューをニュースにしているけど、そんなことより安倍政権の犯罪やみっともない言動をもっと時間をかけて報道すべきです。

 

そもそもオリンピック選手は沢山の競技人口の中のほんの一部。

 

全体でも600人ほどです。

 

そんなごく一部のエリートたちの残念がる声なんて聞きたくもありません。

 

コロナ騒動の中で生活がひっ迫している人が大勢いる中で、働きもせず好きなスポーツだけをしてお金をもらっている人(マイナー競技ではそうでない人もいるだろうけど)に何故同情しなければならないのか。

 

純粋に高度な技術同士の戦いを楽しむなら、その他の競技会で充分です。

 

そもそも来年のオリンピック開催などおそらく無理。

 

先進国だけが感染封じ込めに成功しても、後進国では感染者が爆発的に増加し、それが収まったとしても抗体ができた後進国の人達がまたウイルスを持ち込んでまた感染爆発が起こると言われています。

 

そしてワクチンが開発されて人々に行き渡るには最低1年半かかると言われています。

 

安倍の私欲のために極めて不透明な1年後のオリンピックなど、専門家の説得でとっとと諦めさせるべきです。

 

そうでなければ、日本は来年早々あたりにまたがっかりさせられることになります(私はがっかりなんてしないけど)。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

赤木夫人の署名活動に協力を!

  • 2020.03.28 Saturday
  • 14:29

今夕の安倍の緊急会見。

 

なんの具体的中身もなく、両サイドのプロンプターを見ながらの原稿棒読み。

 

それも誰が書いたのか、その内容が下手な三文小説。

 

なんとか国民の心を捉えようとしたのだろうけど、如何せん作者の心が籠っていないから全く心に響いてきません。

 

そしてそれを話しているのが、嘘つきでサイコパスの安倍。

 

そもそも、具体的中身がない話をするのに何故わざわざ安倍がでしゃばる必要があるのか。

 

阪神大震災の時は、官房長官だった枝野氏がその役割を果たしていたではないか。

 

総理大臣はここ一番と言うときに出るもの。

 

上っ面だけの美辞麗句を並べたスピーチは聞いていて反吐がでました。

 

つまり、今日の会見はまたもや安倍のパフォーマンス。

 

一手詰めの森友事件で追い込まれた安倍が少しでも支持率を上げようと企てたのに違いありません。

 

要望の強い消費減税には一言も触れなかったのも、財務省が口を割らないように配慮したんでしょうね。

 

 

 

ところで今日の国会質疑で共産党田村氏の森友事件に関する質疑に対して、安倍は時計を指さしながら「時間だよ、時間」と凝りもせず不規則発言。

 

サイコパスにしてもここまでできるというのは相当なものです。

 

そんな安倍に渾身の怒りを表明している赤木さんの奥さんがネット署名を始めました。

 

再調査を頑なに拒否する安倍、麻生の冷酷さを国民に訴える為です。

 

すでに10万人以上の人が署名しているそうです。

 

私も早速署名しました。

 

賛同される方は是非↓のリンクから入って署名して欲しい。

http://chng.it/LFrLpJZMpj

 

 

今日も東京都では感染者数の記録更新。

 

棒グラフを見ると、明確にオリンピック延期決定の時期から急激に伸びています。

 

にも拘らず、街に出てブラブラしている人がいっぱい。

 

一刻も早く緊急事態宣言をした方が良い。

 

↓の動画では米国の医師の悲痛な訴えをしています。

 

風邪の様なもの、インフルエンザと比べると大したことないと思っている武田邦彦と同じレベルのアホは是非この動画を見たほうが良い。

 

 

 

今日も愛犬達とお散歩。

 

帰ってからサンちゃんとお風呂に入りました。

 

キュート君は嫌いなお風呂に入れられることを察して逃げ回るので捕まりませんでした。

 

それでもお風呂から上がって扉を開けると待ち構えていて、早速サンちゃんと猛烈な追いかけっこをしました。

 

私に甘えてくるのも可愛いけど、二人でじゃれ合っているのも可愛い。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

国民は忍従生活、赤木夫人は悲しみと怒り。そして安倍昭恵はレストランで宴会花見

  • 2020.03.28 Saturday
  • 00:04

今日の国会では早速野党から、政府が花見などの自粛要請をする中で安倍昭恵が10数名の芸能人たちと花見をしていたことが追及されました。

 

それに対する安倍の答弁は、「公園での花見ではなくレストランの敷地内での花見」「レストランで食事をしたら悪いのか」。

 

一言、「こんな状況の中で恥ずかしい限り。妻にはもっと首相夫人としての自覚を持つよう話します」とでも言えば済むものを、一時停止不履行で警官に捕まったドライバーの様な言い訳。

 

昨日の記事で書いた通り、安倍はサイコパスの条件に見事に合致します。

 

それも一部の知能指数が高く社会の発展に寄与する天才型サイコパスではなく、低脳で有害なサイコパス。

 

本当に腹が立つ!

 

 

今日一日の新たな新型コロナ感染者数は初の100人越え。

 

政府はとっとと緊急事態を宣言した方が良い。

 

こんな状況で混雑する街に出掛けている若い女性はテレビのインタビューに答えて、笑いながら「まあ、いいかなあって」と全く無責任。

 

武田邦彦をはじめとする一部の評論家がいまだに「風邪みたいなもの。インフルエンザと比べると全然危険ではない」などど言い放っている輩もいるから話になりません。

 

武田邦彦氏の言説の一番の問題点は、新型コロナにはまだ分からないことが沢山あることを認識していないこと。

 

物理学者がインフルエンザの感染者数や重篤化率と新型コロナを計数的に比較しているという時点で大間違いです。

 

それも治療薬がないのだから、インフルエンザと比べるのがそもそもおかしい。

 

 

評論家の中には、経済とのバランスも考慮すべきだと言う人も少なからずいるけど、これも如何なものか。

 

スペイン風邪の時の様に、人口の5%が死ぬようなことになれば経済どころではありません。

 

フリーランスの人達も、このままでは生活ができないと言っていますが、そもそも不安定な仕事をしているのだから3〜6か月分の生活費の蓄えをしておくのが当たり前。

 

事故に遭ったり、病気になったり、自然災害などで仕事ができなくなるようなことはそれなりの頻度で起こるのだから、たとえ収入は少なくてもその中から万が一の時の為に貯金をしておくべきです。

 

ただ、それでも実際に困窮している人がいるなら、その人への生活支援をするのが政府の役割。

 

国会を見ていると、その辺りの救済策が議論ばかりしていて全然決まらないのは政府の重大な怠慢です。

 

 

こんな時期にのんびりと花見をしている妻のことを責められて醜い言い訳しかできないような安倍を、これ以上首相の座にとどまらせておくわけにはいきません。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

都市封鎖へ向かうのは確実だと思う

  • 2020.03.26 Thursday
  • 00:20

東京都の今日の感染者数が41人に達したそう。

 

そして昨日は安倍が2020の1年後の延期を発表。

 

オリンピックの延期が決まったとたんにコロナ検査を増やしたのではないかというのは疑いすぎか?

 

そして小池都知事の8時過ぎからの記者会見。

 

こちらもオリンピック延期が決まったことと関係がありそう。

 

 

これまで何度もこのブログで書いた通り、実際の感染者は政府発表の10倍、100倍はあるだろうと思っています。

 

なにしろPCR検査を徹底的に抑制しているのだから保菌者が知らずに他人に感染させているのは間違いありません。

 

そしてそれは指数関数的に増えていくだろうというのは小学生でもわかる話。

 

仮に感染者が一人いて、その人が一日に二人に移してということを繰り返していけば10日で2000人以上。

 

それが感染経路不明の感染者が何十人もいるというのだから恐ろしい数字になります。

 

実際に米国ではあっという間に感染者が数万人にも達しています。

 

 

そして本当に頭が悪い我が国の安倍政権の対応。

 

既に先進国ではPCR検査を積極的に行って感染者を隔離するのみならず都市の閉鎖までしているのに、日本は検査を抑制しているから感染者は野放し。

 

クラスター対策なんかで感染防止ができるはずがないことは、これも小学生でも分かります。

 

簡単な漢字も読めないのだから簡単な数学もできないだろう頭の悪い安倍には理解できないだろうけど、テレビに出ている白鵬大学の岡田晴恵氏や上昌弘氏の言うことを素直に聞いていればこんなことにはなっていなかったはずです。

 

官僚の中には賢い人たちも沢山いるはずだけど、保身のためにまじめで実直な赤木氏を見殺しにするような人間ばかりだから期待なんてできません。

 

テレビで街頭インタビューを見ていると安倍よりはるかに頭のいい国民の多くはオーバーシュートを覚悟している様ですが、おそらくその覚悟は現実のものとなるだろうと思います。

 

であれば少なくとも自分と自分の家族だけはそうならないように自衛するしかありません。

 

 

今日は娘の誕生日。

 

かみさんも一緒にケーキ屋さんに行ってケーキをテイクアウトしてきました。

 

本当なら週末に娘婿も一緒にレストランで美味しいものでもいただきたかったのだけど、こんな中では我慢するしかありません。

 

米国の機関の予測では収束までは1年半は掛かるだろうとのこと。

 

それまでは仕方がないですね。

 

 

オリンピックは1年延期だそうだけど、様々な情報から推測するにおそらくそれも無理だろうと思います。

 

そもそも1年延期と言うのは安倍の自民党総裁任期満了前にオリンピックを行いたいという私欲のため。

 

でもどちらにしても安倍はそれまで辞任せざるを得ないでしょう。

 

森友事件、桜を見る会でももはや安倍はとっくに詰んでいるからです。

 

コロナ対策でも無能ぶりを発揮した安倍はいくらなんでも国民から見放されるはずです。

 

今はそれに必死になって抵抗しているだけ。

 

予想されるシナリオとしては、河井夫婦の捜査の中で、自民党から河井事務所に流れた1億5千万円のうち、かなりの額が安倍事務所に還流されたことが明らかになるだろうということ。

 

その時は石破氏あたりに総理大臣をやらせれば良い。

 

彼の思想もちょっとやばそうだけど、少なくともアホで暖かい血の通っていない安倍よりははるかにまともでしょうから。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

赤木夫人の胸の内を考えると、安倍にははらわたが煮えくり返る

  • 2020.03.24 Tuesday
  • 00:03

森友事件で本省から公文書改竄を強制され、実行したことを苦に自殺した赤木さん。

 

安倍は改竄のきっかけとなったのは自身の「私や妻が関わっていたら総理も議員も辞める」と大見得を切ったことにあるとは絶対に認めようとしません。

 

安倍の答弁が改竄のきっかけになったどころか、安倍自身が財務省に改竄を指示した疑いも濃厚です。

 

これが裁判官の自由心象主義の日本の裁判がまともに行われていれば安倍らの有罪は確実です。

 

報道されている事実を時系列で追っても安倍が主犯であることの客観的証拠は山ほどあります。

 

その裁判ですら、安倍の検察への圧力で佐川らは起訴猶予になりました。

 

更に安倍は桜問題や加計学園疑惑での訴追を恐れて、安倍の番犬である黒川を検事総長にすべく法律を捻じ曲げて強行しようとしています。

 

赤木氏の遺書が公開されたことで厚顔無恥な安倍も流石に多少は負い目を感じるだろうと思っていたけど、今日の国会でもとても暖かい血が通っているとは思えない答弁。

 

共産党小池氏の質疑は流石に上手いと思いましたが、それでも安倍は頓珍漢で冷徹なな答弁に終始しています。

 

私たち国民はこんなとんでもない奴を総理大臣に据えているんです。

 

 

赤木夫人はこの答弁を聞いてなんと感じられたのか。

 

第三者の私でも怒りではらわたが煮えくり返りそうだったのだから、夫人の気持ちは察するに余りあります。

 

安倍は総理も議員も辞めるどころか人間であるのを止めたほうが良い。

 

世論調査ではまたこんな奴を指示する人が4割もいるそう。

 

メディアによる世論操作でなく本当の調査結果であるなら、日本は終わりです。

 

 

↓は昨夜の就寝前の愛犬達。

 

寝室を温めるためにドアを開けて置いたら、二人とも私のベッドでお尻をくっつけ合わせて眠っていました。

 

IMG_1278.JPG

 

IMG_1279.JPG

 

IMG_1277.JPG

 

可愛いという一言で言い表せるものじゃありません。

 

そんな可愛い愛犬を平気でネグレクトしたり遺棄したりする人間が我が国には沢山いるのだから、冷血漢の安倍を支持する人がいるのも当然なんだろうな。

 

 

今日はお花見も兼ねていつもの公園に行きました。

 

 

公園には平日とは思えないくらいの沢山の人。

 

小さい子供連れの家族も沢山来ていました。

 

そんな人たちを見て、赤木さんも安倍さえ総理大臣になっていなければ幸せな家族との日々を過ごせたはずなのにと思わざるを得ませんでした。

 

新型コロナ対策でも安倍政権は頓珍漢な対応ばかり。

 

本当に頭が悪い。

 

頭が悪ければ、優秀なスタッフを周りにおいて助言を受ければ良いのだけど、安倍の周りは権力にひれ伏すヒラメばかり。

 

そういえば、私が30数年勤めた会社でも、同じようなもんだったっけ。

 

ただし救いは、立派な企業理念があったし、スタッフの殆どが優秀でまじめだったからなんとか優良企業であり続けられましたけどね。

 

赤木さんの様な優秀でまじめなスタッフを自死に追いやるようなことはしてはなりません。

 

昔のサラリーマン時代のことを思い出してちょっと嫌な気分になりました。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

コロナウイルス対策についてのメルケル独首相の演説全文

  • 2020.03.21 Saturday
  • 23:54

林美佳子さんによるメルケル首相演説の訳文を見つけました。

 

これを見てますます安倍の心のない態度に腹が立ってきました。

 

<以下はブログ「かっちの言い分」からの転載です>

https://31634308.at.webry.info/202003/article_17.html?1584780065

 

 

 

コロナウイルス対策についてのメルケル独首相の演説全文
訳:日本名 林美佳子
1990年からドイツ在住。

https://www.mikako-deutschservice.com/post/%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%B9%E5%AF%BE%E7%AD%96%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%E3%81%AE%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%82%B1%E3%83%AB%E7%8B%AC%E9%A6%96%E7%9B%B8%E3%81%AE%E6%BC%94%E8%AA%AC%E5%85%A8%E6%96%87
コロナウイルス対策としてさまざまな個人の行動を大幅に制限する厳しい措置が取られることになったため、昨日(2020年3月18日)メルケル独首相は国民に理解と協力を求める演説をしました。


演説全文を掲載していたのは翻訳時点では Kölner Stadt-Anzeiger "Merkels Corona-Ansprache im Wortlaut „Nur Abstand ist der Ausdruck von Fürsorge" のみで、首相公式サイトには掲載されていませんでした。
(2020/03/20更新、ようやく首相公式サイトで演説全文のテキストが公開されました。興味のある方はこちらをご覧ください)

この演説全文をざっとですが日本語訳しました。

【試訳】
親愛なる国民の皆様、 コロナウイルスは現在わが国の生活を劇的に変化させています。私たちが考える日常や公的生活、社会的な付き合い ― こうしたものすべてがかつてないほど試されています。
何百万人という方々が出勤できず、子どもたちは学校あるいはまた保育所に行けず、劇場や映画館やお店は閉まっています。そして何よりも困難なことはおそらく、いつもなら当たり前の触れ合いがなくなっているということでしょう。もちろんこのような状況で私たちはみな、これからどうなるのか疑問や心配事でいっぱいです。
私は今日このような通常とは違った方法で皆様に話しかけています。それは、この状況で連邦首相としての私を、そして連邦政府の同僚たちを何が導いているのかを皆様にお伝えしたいからです。開かれた民主主義に必要なことは、私たちが政治的決断を透明にし、説明すること、私たちの行動の根拠をできる限り示して、それを伝達することで、理解を得られるようにすることです。
もし、市民の皆さんがこの課題を自分の課題として理解すれば、私たちはこれを乗り越えられると固く信じています。このため次のことを言わせてください。事態は深刻です。あなたも真剣に考えてください。東西ドイツ統一以来、いいえ、第二次世界大戦以来、これほど市民による一致団結した行動が重要になるような課題がわが国に降りかかってきたことはありませんでした。
私はここで、現在のエピデミックの状況、連邦政府および各省庁がわが国のすべての人を守り、経済的、社会的、文化的な損害を押さえるための様々な措置を説明したいと思います。しかし、私は、あなたがた一人一人が必要とされている理由と、一人一人がどのような貢献をできるかについてもお伝えしたいと思います。

エピデミックについてですが、私がここで言うことはすべて、連邦政府とロバート・コッホ研究所の専門家やその他の学者およびウイルス学者との継続審議から得られた所見です。世界中で懸命に研究が進められていますが、コロナウイルスに対する治療法もワクチンもまだありません。
この状況が続く限り、唯一できることは、ウイルスの拡散スピードを緩和し、数か月にわたって引き延ばすことで時間を稼ぐことです。これが私たちのすべての行動の指針です。研究者がクスリとワクチンを開発するための時間です。また、発症した人ができる限りベストな条件で治療を受けられるようにするための時間でもあります。
ドイツは素晴らしい医療システムを持っています。もしかしたら世界最高のシステムのひとつかもしれません。そのことが私たちに希望を与えています。しかし、わが国の病院も、コロナ感染の症状がひどい患者が短期間に多数入院してきたとしたら、完全に許容量を超えてしまうことでしょう。

これは統計の抽象的な数字だけの話ではありません。お父さんであり、おじいさんであり、お母さんであり、おばあさんであり、パートナーであり、要するに生きた人たちの話です。そして私たちは、どの命もどの人も重要とする共同体です。
私は、この機会にまず、医師としてまたは介護サービスやその他の機能でわが国の病院を始めとする医療施設で働いている方すべてに言葉を贈りたいと思います。あなた方は私たちのためにこの戦いの最前線に立っています。あなた方は最初に病人を、そして、感染の経過が場合によってどれだけ重篤なものかを目の当たりにしています。
そして毎日改めて仕事に向かい、人のために尽くしています。あなた方の仕事は偉大です。そのことに私は心から感謝します。

さて、重要なのは、ドイツ国内のウイルスの拡散スピードを緩やかにすることです。そして、その際、これが重要ですが、1つのことに賭けなければなりません。それは、公的生活を可能な限り制限することです。もちろん理性と判断力を持ってです。国は引き続き機能し、もちろん供給も引き続き確保されることになるからです。私たちはできる限り多くの経済活動を維持するつもりです。
しかし、人を危険にさらす可能性のあるものすべて、個人を、また共同体を脅かす可能性のあるものすべてを今減らす必要があります。人から人への感染リスクを可能な限り抑える必要があります。
今でもすでに制限が劇的であることは承知しています。イベント、見本市、コンサートは中止、とりあえず学校も大学も保育所も閉鎖され、遊び場でのお遊びも禁止です。
連邦政府と各州が合意した閉鎖措置が、私たちの生活に、そして民主主義的な自己認識にどれだけ厳しく介入するか、私は承知しています。わが連邦共和国ではこうした制限はいまだかつてありませんでした。
私は保証します。旅行および移動の自由が苦労して勝ち取った権利であるという私のようなものにとっては、このような制限は絶対的に必要な場合のみ正当化されるものです。そうしたことは民主主義社会において決して軽々しく、一時的であっても決められるべきではありません。しかし、それは今、命を救うために不可欠なのです。
このため、国境検査の厳格化と重要な隣国数か国への入国制限令が今週初めから発効しています。
経済全体にとって、大企業も中小企業も、商店やレストラン、フリーランサーにとっても同様に、今は非常に困難な状況です。
今後何週間かはいっそう困難になるでしょう。私は皆様に約束します。連邦政府は、経済的影響を緩和し、特に雇用を守るために可能なことをすべて行います。
わが国の経営者も被雇用者もこの難しい試練を乗り越えられるよう、連邦政府は、必要なものをすべて投入する能力があり、またそれを実行に移す予定です。
また、皆様は、食料品供給が常時確保されること、たとえ1日棚が空になったとしても補充されること信じて安心してください。スーパーに行くすべての方にお伝えしたいのですが、備蓄は意味があります。ちなみにそれはいつでも意味のあるものでした。けれども限度をわきまえてください。何かがもう二度と入手できないかのような買い占めは無意味ですし、つまるところ完全に連帯意識に欠けた行動です。
ここで、普段あまり感謝されることのない人たちにもお礼を言わせてください。このような状況下で日々スーパーのレジに座っている方、商品棚を補充している方は、現在ある中でも最も困難な仕事のひとつを担っています。同胞のために尽力し、言葉通りの意味でお店の営業を維持してくださりありがとうございます。

さて、今日私にとって最も緊急性の高いものについて申し上げます。私たちがウイルスの速すぎる拡散を阻止する効果的な手段を投入しなければ、あらゆる国の施策が無駄になってしまうでしょう。その手段とは私たち自身です。私たちの誰もが同じようにウイルスにかかる可能性があるように、今誰もが皆協力する必要があります。まず第一の協力は、今日何が重要なのかについて真剣に考えることです。パニックに陥らず、しかし、自分にはあまり関係がないなどと一瞬たりとも考えないことです。不要な人など誰もいません。私たち全員の力が必要なのです。
私たちがどれだけ脆弱であるか、どれだけ他の人の思いやりのある行動に依存しているか、それをエピデミックは私たちに教えます。また、それはつまり、どれだけ私たちが力を合わせて行動することで自分たち自身を守り、お互いに力づけることができるかということでもあります。
一人一人の行動が大切なのです。私たちは、ウイルスの拡散をただ受け入れるしかない運命であるわけではありません。私たちには対抗策があります。つまり、思いやりからお互いに距離を取ることです。
ウィルス学者の助言は明確です。握手はもうしない、頻繁によく手を洗う、最低でも1.5メートル人との距離を取る、特にお年寄りは感染の危険性が高いのでほとんど接触しないのがベスト、ということです。
こうした要求がどれだけ難しいことか私は承知しています。緊急事態の時こそお互いに近くにいたいと思うものです。私たちは好意を身体的な近さやスキンシップとして理解しています。けれども、残念ながら現在はその逆が正しいのです。これはみんなが本当に理解しなければなりません。今は、距離だけが思いやりの表現なのです。
よかれと思ってする訪問や、不必要な旅行、こうしたことすべてが感染を意味することがあるため、現在は本当に控えるべきです。専門家がこう言うのには理由があります。おじいちゃんおばあちゃんと孫は今一緒にいてはいけない、と。
不必要な接触を避けることで、病院で日々増え続ける感染者の世話をしているすべての方々を助けることになります。こうして命を救うのです。多くの人にとってこれはきついことでしょう。誰も一人にしないこと、声かけと希望が必要な方たちの世話をすることも重要になってきます。私たちは家族として、また社会として別の相互扶助の形を見つけるでしょう。
今でもすでに、ウイルスとその社会的影響に対抗する創造的な形態が出てきています。今でもすでに、おじいちゃんおばあちゃんがさみしくないようにポッドキャストをするお孫さんたちがいます。
私たちは皆、好意と友情を示す別の方法を見つけなければなりません。スカイプや電話、イーメール、あるいはまた手紙を書くなど。郵便は配達されるのですから。自分で買い物に行けないお年寄りのための近所の助け合いの素晴らしい例も今話題になっています。まだまだ多くの可能性があると私は確信しています。私たちがお互いに一人にさせないことを社会として示すことになるでしょう。
皆様にお願いします。今後有効となる規則を遵守してください。私たちは政府として、何が修正できるか、また、何がまだ必要なのかを常に新たに審議します。
状況は刻々と変わりますし、私たちはその中で学習能力を維持し、いつでも考え直し、他の手段で対応できるようにします。そうなればそれもご説明します。このため、皆様にお願いします。噂を信じないでください。公的機関による通達のみを信じてください。通達は多くの言語にも翻訳されます。

私たちは民主主義社会です。私たちは強制ではなく、知識の共有と協力によって生きています。これは歴史的な課題であり、力を合わせることでしか乗り越えられません。
私たちがこの危機を乗り越えられるということには、私はまったく疑いを持っていません。けれども、犠牲者が何人出るのか。どれだけ多くの愛する人たちを亡くすことになるのか。それは大部分私たち自身にかかっています。私たちは今、一致団結して対処できます。現在の制限を受け止め、お互いに協力し合うことができます。
この状況は深刻であり、まだ見通しが立っていません。 それはつまり、一人一人がどれだけきちんと規則を守って実行に移すかということにも事態が左右されるということです。
たとえ今まで一度もこのようなことを経験したことがなくても、私たちは、思いやりを持って理性的に行動し、それによって命を救うことを示さなければなりません。それは、一人一人例外なく、つまり私たち全員にかかっているのです。
皆様、ご自愛ください、そして愛する人たちを守ってください。ありがとうございました。
【試訳終了】

日本語の表現としていまいちなところもあるかもしれませんが、スピードを重視した結果ですので、目をつぶっていただけたらと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

原発対応に満身の怒りを示した児玉龍彦氏がコロナ対応にも満身の怒り

  • 2020.03.21 Saturday
  • 22:33

森友問題で自殺に追い込まれた赤木氏。

 

その奥さんが佐川と国を相手に損害賠償訴訟を起こしました。

 

週刊文春は、赤木氏の遺書を公開しました。

 

野党からの再調査の要求に対して、安倍、麻生は「再調査は行わない」と言い放ちました。

 

これに対して奥さんは、

 

安倍首相と麻生大臣は調査される側で再調査しないと発言する立場にない

 

と言ったそう。

 

言い得て妙です。

 

赤木氏の自殺の原因を作った安倍が、

 

「大変痛ましい出来事で本当に胸が痛む」「改竄二度とあってはならない」

 

などと他人事の様に言い放っていますが、奥さんは怒りで体が震えたことでしょう。

 

国民は絶対に森友事件を忘れてはなりません。

 

安倍一味を刑務所に送り届けるまでは!

 

 

ところで政府の原発対応に満身の怒りでスピーチを行った東大アイソトープ研究所の児玉龍彦氏。

 

 

東大教授の身でありながら政府の対応を激しく批判したスピーチは未だに記憶に新しい。

 

彼は単なる批評家ではなく、何度も福島に赴き、除染対策に取り組んできました。

 

 

その彼が、新型コロナの政府対応に対しても怒りを表明しました。

 

 

↑は東大で同期だった金子勝氏との対談形式で行われています。

 

これを見ると改めて児玉龍彦氏は他の誰よりも高い見識を持っているのが良く分かります。

 

安倍政府は何故こうした優秀な人を専門家会議に加えないのか。

 

テレビに時々専門家会議のメンバーも出演して政府に都合のいいことばかりほざいているけど、そんな人からはなんの知性も、そして人間性も感じられません。

 

PCR検査対応で政府を批判した上昌弘氏などは、安部のメディアへの指示で以降テレビで姿を見なくなってしまいました。

 

文系で医学のことが全く分からない加藤なんかを厚労相においておくくらいなら、児玉氏を民間から厚労大臣に登用すればよい。

 

まあ、安部は私利私欲のために自分の都合のいい人間しか登用しないのだろうから、やはり安倍を首相の座から引きづり下ろすしかありません。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

安倍にNO!このままでは国民は殺される

  • 2020.03.19 Thursday
  • 23:49

新型コロナウィルスの感染は一定程度抑えられているが今後の爆発的拡大に注意…だそうだ。

 

PCR検査数を抑制して正確な感染数どころか大まかな感染数も分からないのに、なんでこんなことが言えるのか不思議でしょうがありません。

 

安倍内閣支持率が感染症対策で上がっているそうだけど、この男がやってきたことは検査数の抑制だけ。

 

とても一国のリーダーとは思えません。

 

 

そして近畿財務局赤木氏の遺書、民事訴訟についての安倍の冷たいコメント。

 

野党が合同で森友問題再検証チームを立ち上げて財務省にヒアリングを開始しました。

 

野党議員たちは安倍の冷たい対応、そして官僚の相変わらずの隠蔽答弁に対して激怒しました。

 

共産党の宮本徹氏は声を荒げて官僚を怒鳴りつけました。

 

 

当然です。

 

ここで怒らなければ人間じゃありません。

 

この件を知らない人は必ず↑の動画を見て欲しい。

 

どうして官僚達は安倍を擁護し続けるのか、私には全く理解できません。

 

 

赤木夫人が訴えた佐川は、国税長官を辞した後は、いわき応援大使に就任しているそう。

 

いわき市の見識も疑わざるを得ません。

 

確かに佐川は官邸の命令で動いただけでしょう。

 

黒幕は、安倍か菅か今井あたりでしょう。

 

でも、佐川は自分の職を守るために国民にウソをつき、赤木氏を自殺に追いやった実質の実行犯です。

 

赤木氏の妻が夫を亡くし、これからも辛い人生を送ることを余儀なくされているのに、なにがいわき公園大使だ!

 

本当に腹が立つ。

 

 

検察には再度当件を調査すべきです。

 

大阪高検が佐川らを起訴しなかったのは大問題です。

 

森友問題を良く知らない人は↓の動画をご覧ください。

 

 

我々一般国民が声を上げても、厚顔無恥な安倍は素知らぬ顔をして首相の座に座り続けるでしょう。

 

であれば、せめて世論調査で安倍NOを突き付けなければなりません。

 

安倍内閣こそ、国難です!

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

森友疑惑、赤木氏の奥さんの完全勝訴を祈念する

  • 2020.03.18 Wednesday
  • 23:50

WTOの勧告を無視してPCR検査抑制を続ける安倍政権。

 

ところが各メディアは、検査抑制が爆発的感染を防いでいるとの報道を始めました。

 

一体全体安倍は国民の命をなんと考えているのでしょうか。

 

完全なサイコパスの安倍がやってきたことはこれだけじゃありません。

 

今日、週刊文春が森友疑惑で自殺した近畿財務局の赤木氏の遺書をスクープしました。

 

赤木氏の自殺は安倍が自らと明恵氏への疑惑から逃れるためにウソをつき、公文書を隠蔽し、改竄したことがすべての原因です。

 

実直でまじめな赤木氏は、公文書を佐川の命令で公文書を意に反して改竄してしまったことが良心の呵責に耐えられなかったと手記に記しています。

 

赤木氏の奥さんは国と佐川氏個人に対して損賠の民事訴訟を起こしました。

 

奥さんの勇気に拍手を送り、そして完全勝訴を心から祈念します。

 

それにしてもこんな安倍政権をいまだに支持する国民の神経が信じられません。

 

 

今日はちょっと遠くのドラッグストアに愛犬達のペットシーツを買いに行きました。

 

そのお店のシーツは他店と比べて1割ほど安いからです。

 

でも、リッター当たり6キロほどしか走らず、それもハイオクのクルマでそこまで行ったらまったく節約の意味がありませんね。

 

でも、このところ家に籠りがちな私も娘も気分転換になります。

 

愛犬達も一緒に連れて行ってやりました。

 

愛犬達は外の景色を眺めて楽しそうでした。

 

そして帰り道でガソリンスタンドに寄って給油。

 

ハイオクで145円と一時よりかなり安くなっていますね。

 

でも原油がバーレル当たり30ドル強まで下落しているのだからもっと下がって良いはずですがね。

 

 

それから娘が吉野家の無料チケットを持っているというのでテイクアウトで二つ頂いてきました。

 

更にコンビニに寄って、これも懸賞で当たった権利を使ってから揚げやポテトなどをゲットしてきました。

 

感染対策の為、娘はクルマに帰ってくるたびに携帯用のアルコールジェルで消毒。

 

家でのランチはこれでほとんどタダでした。

 

久々の吉野屋ですが、まあ美味しかった。

 

 

夕方は愛犬達を連れて近所をお散歩。

 

だけど、かみさん抜きの私一人で連れて行ったので、ほんの10mほど歩くと愛犬達はご帰宅モード。

 

なんとかごまかしながら歩いたけど20分ほどであえなく終了。

 

これじゃ、糖尿病対策にならないですね。

 

かといって、一人でお散歩するのも侘しいし…。

 

明日からのお散歩作戦を練らなくてはなりません。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

AD

ad

ADa

ad3

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM