今日は一日中愛犬達のお世話で過ごしました

  • 2020.10.21 Wednesday
  • 20:47

今朝は届いたばかりのマラセチア菌対策シャンプーで愛犬達を洗ってやりました。

 

人間用の普通のシャンプー(かみさんが買ってきたものだから、普通かどうかは知らないけど)だと泡立ちが良いけど、このシャンプーの泡立ちはあまり良くないような気が…

 

それでも洗面器でそれなりに泡立ててから、それで洗ってやりました。

 

一度目の最後に顔の周りを洗ってやり、すぐにシャワーで目の中にはいったかもしれないシャンプーを洗い流してやります。

 

二度目のシャンプーをしてから、私は一人で湯船に浸かってしばし休憩。

 

愛犬達はそのまま。いわゆるつけおき洗いですね。

 

今度は自分の頭と体を洗ってから、愛犬達にシャワーを掛けてやります。

 

そして愛犬達と一緒に湯船に。

 

最後にみんなでシャワーを浴びて終了。

 

 

脱衣所には予めダイソンの温令風機を出してあるので、最初は温風で。

 

私自身の身体をさっと拭いてから、次は愛犬達の身体を拭きあげます。

 

愛犬達に必要なバスタオルは3枚。

 

自分からタオルに身体を寄せてくる愛犬達の姿が可愛い。

 

それからドライヤーを掛けながらブラッシング。

 

愛犬達はドヤイヤーの風と、ダイソンの冷風を同時に浴びている時が一番気持ちよさそう。

 

新しいシャンプーの効果は分からないけど、いつもより白くなった様な気がします。

 

 

お昼ご飯をいただいた後は、愛犬達を後席に乗せてホームセンターへ。

 

ワンコ専用のカートに乗せれば店内にも一緒に入れるのがこのお店の嬉しいところ。

 

愛犬達はこのカートに乗って店内を回るのが大好き。

 

ペットコーナーに行って、歯磨きガムを4袋と、かみさんから頼まれていたフライパン(義母用)を買いました。

 

 

夕方は、仕事を終えたかみさん、娘も一緒に愛犬達のお散歩へ。

 

娘はいくつかの店に寄って、懸賞で当たった沢山の景品をゲット。

 

愛犬達は娘が店に入るたびに、後を追いかけて店の中に入ろうとします。

 

そして娘が店から出てくると嬉しがって飛びついて行きます。

 

そんな姿も愛おしい。

 

今日は一日中愛犬達の為に過ごした日でした。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

今日はショパンの命日、そして本来ならショパンコンクールの年だけど…

  • 2020.10.17 Saturday
  • 22:39

今日10月17日はショパンの命日。

 

あちこちでショパン曲のコンサートがあったらしい。

 

そしてコロナ禍がなければ今年は5年に一度のショパンコンクールが開催されていた年。

 

定年前には、定年したらショパンコンクールを見にポーランドへ、ポール・マッカートニーを見に米国へ行くことが夢でした。

 

それが、ポールはなんと私の定年前後に4回も日本で公演を開いてくれました(もちろん全部行きました)。

 

ショパンコンクールは席がなかなか取れないとのことでどうしようかと迷っていましたが、それ以前にコロナ禍で翌年に延期。

 

そもそも両親が入院したり、そして愛犬達を家族に迎えたからショパンコンクールには行けなくなりました。

 

でもポールの公演を4回も見ることができたし、目に入れても痛くない可愛い愛犬達がいるからそれで十分満足です。

 

おそらくショパンコンクールを見られたとしても、愛犬達との日常の方がよほど幸せを感じることができたと思います。

 

 

今朝は愛犬達と一緒にお風呂に入りました。

 

脂漏症のサンちゃんはこれぐらいの頻度でお風呂に入れてやらないと皮膚病が酷くなってしまいます。

 

サンちゃんを譲渡してくれた保護ママさんは、今日もサンちゃんと同じシーズーを保健所からレスキュー。

 

その写真を見ると全身皮膚病で見るに堪えないほどのボロボロの状態。

 

目も濁っていて、おそらくあまり見えていないのだろうと思います。

 

どうしてこんな扱いができるのか(怒。

 

ときどき街で見かけるシーズーの中には、やはり目の下全体が目ヤニで焼けて、全身から臭いを放っている子がいます。

 

聞くと、自分ではお風呂に入れられないので、1カ月に一度だけ美容院に来てシャンプーをしてもらっているそう。

 

本当に可哀想。

 

そんな子を知るにつけ、一層サンちゃんを幸せにしてやらなくてはと思います。

 

↓はお風呂上りにかみさんの膝の上で甘えるサンちゃん。

 

かみさんも可愛いサンちゃんにメロメロです。

 

 

私達に甘えようとするとサンちゃんに唸られるキュート君は、サンちゃんの様子を窺いながら隙を見て膝に乗ってきます。

 

 

どちらも本当に可愛い。

 

もしこのコロナ禍で愛犬達がいなかったらどんなに寂しかっただろうと思います。

 

 

ところで今日も全国で600人を超える新規感染者。

 

沖縄や青森などでも大勢の感染者が出ているということは、GO-TOが影響しているのではと思ってしまいます。

 

報道によればGO-TOを悪用して儲けているけしからん輩がいる様ですが、一番腹が立つのはこの制度そのものがお金に余裕のある人達の為のものだということ。

 

こうした人達には、年老いた両親もいないんでしょうかね。

 

そもそもこうした一時的なカンフル剤は経済の一時的な回復には多少は効いても、抜本的な改善につながるはずはありません。

 

ANAが冬季賞与ゼロ、JR西日本が賃金一律カット、みずほGが週休3・4日制導入&賃金カットなどのニュースを見ていると、とてもじゃないけどこのままでは日本経済が無事で済むとは思われません。

 

我々年金生活者だって、その内に企業年金や公的年金の大幅減額、そして社会保険料・税金の大幅値上げが待っているのはもう間違いありません。

 

そのうち資産課税も強化されて、保有資産が1/5ということもあり得ます(森永卓郎氏もそう予想しています)。

 

そんな中で、GO-TOや携帯電話料金の値下げなんかで景気回復を望む方がおかしい。

 

 

菅は学術会議の任命拒否の件で安倍にも勝る無能さと無教養さをさらけ出しましたが、こんな男に日本を任せていればもっともっと酷いことになるのは火を見るよりも明らかです。

 

新生民主党なら大丈夫とは決して言えませんが、少なくとも二大政党が拮抗して互いにけん制し、官僚達にも緊張感を与えることが必要です。

 

 

 

↓は娘が懸賞に応募して当ててくれたマスク。

 

楽器メーカーとコラボしたものだそう。

 

 

↓は、国勢調査員に住戸訪問時のツールとして配布されたマスクケース。

 

 

音楽教室に通う時にちょっとおしゃれができそうです。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

サンちゃんが食べたはずの竹串が…

  • 2020.10.09 Friday
  • 22:30

昨日竹串を食べてしまったサンちゃん。

 

獣医の話だとウンチの中に出てくるだろうとのことで、早速朝のウンチをチェック。

 

細かく潰してチェックしました。

 

でも竹串の欠片の様なものは全く見つけられません。

 

ひょっとして何処かに突き刺さっているのかと不安です。

 

 

そんな不安を抱えながら、午前中は国勢調査の督促チラシを配布。

 

調査票を配った先日とは違って、一軒ごとにインターフォンを押して話す必要はないので楽ですね。

 

ちょっと気に成ったのは、古いアパートの一室にいたかなり高齢のおじいさんの郵便受けがチラシなどで満杯だったこと。

 

ひょっとして中で孤独死しているのかもと不安になりました。

 

でもそれなら同じアパートの住人が気付くだろうし、独居老人の場合は民生委員が定期的に訪問しているからすぐに分かるはず。

 

子供が引き取ったのか、福祉施設にでも入居されたんだろうと考えることにしました。

 

 

家に帰ってからもサンちゃんのお腹が気になって堪りません。

 

ところがふと私の足元の床を見ると、竹串の小さな片割れが。

 

昨日あれだけ探しても出てこなかった竹串が突然現れるなんておかしい。

 

そして私の斜め前のダイニングチェアを見ると、そこに殆ど一本のボロボロになった竹串を発見。

 

きっとサンちゃんがチェアのクッションとシートバックの間に隠していたんでしょう。

 

サンちゃんは普段から食べ物をどこかに隠しておく習性があります。

 

でもこれで竹串を食べていないことが分かりました。

 

ああ、良かった。

 

サンちゃんを抱きしめてやり、その後、

 

「こら、お前のせいでパパは心配したんだぞ」

 

と叱ってやりましたが、サンちゃんはキョトン。

 

そりゃそうですね。

 

そもそも竹串をテーブルの上に置きっぱなしにした私が悪いんだし。

 

 

夜は、イオンのフードコートで無料のバイオリンのソロ・コンサートを聴いてきました。

 

フードコートは広くてお客さんもまばらなので感染のリスクも殆どないと思います。

 

演者は若くて美しい女性。

 

地元の公立有名音大の大学院を首席で卒業したそう。

 

素晴らしい演奏だったので、家に帰ってからYouTubeで動画を見ましたが、それを見て興味を失くしてしまいました。

 

動画はどれも、いかにも自分は美人であることを意識しているのが見え見え。

 

加えて、今日の生演奏はポップスだったのでそれほど技術は要らず良い演奏に思えたのだけど、動画で演奏していた難易度の高いクラシック曲はそこそこ。

 

感動するというレベルではありませんでした。

 

私もかみさんもちょっとがっかり。

 

まあそれでも、無料で演奏が聴けたし、竹串も出て来たし今日はラッキーだったかな。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

竹串を食べてサンちゃん病院へ

  • 2020.10.08 Thursday
  • 22:38

私の不注意でした。

 

お昼に焼き鳥をいただいてお皿をダイニングテーブルの上にあるティッシュボックスに乗せてちょっと目を離した隙に、サンちゃんが2本あった竹串のうち1本をほぼ完食し、2本目の竹串を口に入れていました。

 

急いでサンちゃんの口から取り上げましたが、一本はほぼ食べてしまった様です。

 

その一本の残渣が僅かに残っていましたが、それはバラバラ。

 

なので、竹串の残渣を持って動物病院へ。

 

車の後部座席に乗せていると、「クーン、クーン」と鳴き声。

 

ひょっとして串が消化器のどこかに刺さったのかと思うと気が気ではありません。

 

でも、後ろを振り向いて声を掛けると鳴き止んでくれます。

 

病院について受付に状況を話すと、受付さんは、

 

「そりゃ大変だ」

 

と言うし、サンちゃんはブルブル震えだすので不安で仕方がありません。

 

ところが診察室に入って看護師さんに抱っこされると震えは止まって、いつものひょうきんなサンちゃん。

 

そして医師は竹串の残渣を見て、

 

「これだけ噛んでいれば心配はありません。明日には出てくるでしょう」

 

とのこと。

 

よく、テレビ番組で竹串やコインなどを飲み込んだワンコが緊急手術をしているので、そうなるのかもと心配していた私は拍子抜け。

 

医師によれば竹串を飲み込んで手術することになるケースは、長い竹串をそのまま飲み込んだ場合だそう。

 

そして万が一にも消化器を傷つけた場合は、吐いたり、食欲がなくなるとのこと。

 

そうなれば開腹手術になるそうだけど、まず大丈夫だから1日様子を見てくださいとのこと。

 

ああ、まずは良かった。

 

 

ついでにサンちゃんの皮膚の数か所にできている出来物も見てもらいました。

 

サンちゃんはその出来物が大きくなってこの前手術をしてもらったばかり。

 

その時に医師からは、脂漏症の体質から来るものなので何度もできる可能性があると言われていました。

 

今回もそれだそう。

 

ただ、人間のニキビと同じようなものなので心配は要らないけど、不潔にしていると沢山出来てしまうとのこと。

 

脂漏症だとマラセチア菌が繁殖して皮脂腺を塞いでそれがこうした出来物になるそう。

 

特にシーズーには多いのだけど、3日おきにお風呂に入っているサンちゃんはこれで済んでいるのだそう。

 

 

医師はそのニキビを絞って脂肪を絞り出してから感染防止の薬を塗ってくれました。

 

そして引き続き、2−3日毎にお風呂に入れて清潔を保って欲しいとのこと。

 

そしてマラセチア菌の繁殖を予防するシャンプーも紹介してくれました。

 

 

サンちゃんの皮膚病は私が頻繁にお風呂に入れているおかげでごく軽症で済んでいるけど、竹串を食べさせてしまったのは完全に私が悪い。

 

これからはより一層気を付けてやらなくてはならないと大いに反省しました。

 

 

家に帰るとサンちゃんを見たキュート君は大はしゃぎ。

 

娘によると、私とサンちゃんが出て行ったあと、ずっと心配そうにして玄関でうろうろしていたそうです。

 

キュート君も不安にさせてしまってごめんね。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

弟思いのキュート君

  • 2020.10.07 Wednesday
  • 23:39

GO TO イートを使ったポイント稼ぎが流行っているらしい。

 

ターゲットとなった鳥貴族などは大変な損害だとのこと。

 

ちょっと考えれば分かるような制度欠陥も予見できないアホ官僚。

 

偏差値エリートの彼らは、世間知らずの大バカ者。

 

まあ、会社の同僚や一緒に仕事で付き合いのあった東大卒の連中にも信じられないようなアホが何人もいたから、官僚が皆優秀だと考えるのは大いなる勘違いですな。

 

「総合的・俯瞰的に」という難解で意味不明の答弁を繰り返すところなんて、まさに地頭が悪く人格障害の偏差値エリートそのもの。

 

私なら徹底的に矛盾を突いてぐうの音も出ないようにしてやります。

 

 

今日は私からサ高住に電話して母の様子を聞きました。

 

毎日のように、そしてちょっとヒステリックに電話する姉は、自分がサ高住に嫌われているんじゃないかと心配しているので、今日は私が電話しました。

 

今日の母は、2か月半ぶりにお風呂に入ったそう。

 

気持ち良かったろうな。

 

相変わらず食事は進まないそうだけど、姉が差し入れたプリンやヨーグルト、栄養補助食品は全て平らげているそう。

 

私の手紙や写真は母の手に届けてくれたそうだけど、その反応については分からないとのこと。

 

やはり、直接会っていろいろ話ができれば母も私も嬉しいのだけどなあと思います。

 

 

今日は一日なにも予定がなかったのとお天気も良くなかったので株のトレードをしたり、愛犬達と遊んだり。

 

午後からは、晴れ間を見て近所をお散歩。

 

キュート君はお花が大好き。

 

 

お散歩大好きな愛犬達は、立てた尻尾を左右に振りながら楽しそうに歩いてくれます。

 

 

溝の網は愛犬達にとっては障害物。

 

ここに来るとぴょんと飛び越えます。

 

その姿の可愛いこと、可愛いこと。

 

 

 

夜は、娘にもらう歯磨きガムが楽しみ。

 

大人しくお座りして、「待て」「お手」「お代わり」をして、「同時お手」の合図で二人一緒にお手をしてガムをもらいます。

 

 

ガムをもらったら、それぞれ好きな場所に移動してガムをガシガシ。

 

 

ところで、数日前にお散歩から帰ってきて、かみさんがうっかり4階のエレベーターホールにおいてきぼりにしたサンちゃん。

 

てっきりどこかで寝ていると思っていました。

 

ところがキュート君が、「グーン、グーン」と普段発しない言葉で鳴き続けます。

 

キュート君がボールか何かを探して鳴いているのかと思っていました。

 

そばに行って慰めても、一向に「グーン、グーン」が収まりません。

 

そこで初めてサンちゃんが外においてきぼりになっていたことに気が付きました。

 

キュート君が鳴き続けなくては気が付かなかった。

 

サンちゃんに会えたキュート君は大喜び。

 

いつもサンちゃんには威嚇して虐められているキュート君ですが、こんな弟思いだとは…。

 

キュート君の優しさにちょっとうるっと来てしまいました。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

今日も可愛い愛犬達

  • 2020.10.05 Monday
  • 00:53

今朝は町内会の公園清掃と役員会。

 

その公園は先月から遊具の交換工事中なので、清掃できるのはほんの一部だけ。

 

そこを10数人で掃除したのだからあっという間に終了。

 

役員会も、マンションの組長さんが一人交代となってその新任の方の挨拶だけ。

 

秋の旅行も、お祭りも全て中止になったので、その議題も無し。

 

30分ほどで全て終了しました。

 

それでもこうして毎月町内の人達と顔を合わせて世間話をするのも楽しいものです。

 

ただ、役員さん達は皆60歳以上。

 

こうした地域コミュニティーがいつまで続けられるのか?

 

高層マンションが密集する我が町内は人口はとても多いのだけど、町内会に加入しないマンションが大半。

 

10年もたてばまったくコミュニティーが存在しない町になるんでしょうね。

 

町内の街灯設備やごみ収集場の管理・清掃などは町内会の費用と有志による工数で成り立っているのに、どうなるんでしょうか。

 

これから孤独死も増えるだろうし、災害時の避難や支援物資の配給などでも支障がでそうです。

 

 

午後からはかみさんと娘が街を散歩してくるというので、私だけで愛犬達をお散歩に連れて行きました。

 

行き先は1キロほど先の公園。

 

今日は沢山の人が来ていました。

 

どんな仕組みなのかは良く分からないけど、モデルらしい美人さんを1人から数人で撮影しているグループもチラホラ。

 

その中の一人のモデルさんが、最初サンちゃんを見て、

 

「可愛い」

 

そしてキュート君を見て、

 

「ええっ、なに!凄い!可愛い」

 

と言ってくれました。

 

サンちゃんは最近あまり見かけなくなったシーズー。

 

そしてキュート君は、ほとんどいないミニチュアダックスとポメラニアンのミックス。

 

二人とも世界一ハンサムで可愛いのだけど、特にミニチュアゴールデンの様なキュート君は目立つんでしょうね。

 

自分の愛犬はたとえどんな風貌でも可愛いもんだけど、こうして外に出掛けると必ずと言っていいほど誰かに「可愛い」と言ってもらえるのは嬉しいものです。

 

 

家に帰ってから大画面のテレビで、愛犬達を撮ってYouTubeにアップした動画を見ましたが、確かに可愛い。

 

過去に旅行先のドッグランなどで撮った動画は何度見ても飽きない。

 

ドッグランで他の大型犬にワンワン吠えるサンちゃんの動画の声に、サンちゃんが反応して吠えるのもまた可愛い。

 

 

夕ご飯は娘が作ってくれたローストビーフでしたが、塩気をしゃぶってから愛犬達にもあげました。

 

ダイニングチェアのアームレストに前足を掛けてお代わりをねだる姿もとんでもなく可愛い。

 

 

今夜も愛犬達は私のベッドで一緒に寝てくれるはずです。

 

愛犬達がいれば、コロナ禍で外出自粛を継続していても寂しくありません。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

A dog's perpose

  • 2020.09.30 Wednesday
  • 22:13

今日、母の主治医そしてヘルパーさんと話をしてきた姉によると、母はあまり元気がないそう。

 

先日退院した時に、私と姉の顔を見て泣いた母ですから、また家族と会えない中で元気を失くしたのかもしれません。

 

そんな状態なのに、コロナ禍のせいで面会もままならないなんて本当に辛い。

 

姉も精神的に相当参っているだろうと思いますが、ヘルパーさん経由で様々な種類のヨーグルトやケーキを差し入れする等、頑張ってくれています。

 

母はよく「こんな歳まで生きるもんじゃないちゃ。もう死にたい」と言いますが、子である私と姉にとっては大事な存在。

 

私と姉の為にも、そんなことを言わずに頑張って欲しい。

 

 

以前、このブログで書いたワンコを描いた映画「僕のワンダフルライフ」。

僕のワンダフルライフと私のワンダフルライフ

 

原作小説の題名は「野良犬トビーの愛すべき転生」ですが、映画では邦題が「僕のワンダフルライフ」、英語版は「A dog's  perpose」。

 

この映画を観た私に一番ぴったりと響いたタイトルは「A dog's  perpose」でした。

 

一匹のワンコが輪廻転生を繰り返す中で「僕は何のために生きているのだろう」と何度も自問するストーリーには、このタイトルが一番ぴったりくると思います。

 

トビーが得た結論は「人を幸せにするために生きている」ということ。

 

この映画を観て、自分自身の生きる意義についても考えさせられました。

 

人間はえてして利己的になりがちだけど、それでは人を幸せにできないし、自分自身も幸せにはなれないんだと思いました。

 

愛犬達を見ていると、まさに私達を幸せにし、元気づけるために生きていてくれるのだと思わされます。

 

そしてそれが愛犬達の幸せでもあるんだと。

 

 

↓は今日の愛犬達。

 

私がソファーで横になっていると、サンちゃんが背中に潜り込んで来て甘えてくれます。

 

 

山中に遺棄されていたサンちゃんも、私とくっついていることで辛かった過去を忘れ、幸せになろうとしているのだと思います。

 

キュート君も私の目をじっと見つめて何かを語り掛けてくれている様です(カメラを向けると視線を外してしまいますが)。

 

 

二人とも、私を幸せにするために一所懸命なんだろうと思います。

 

まさに「A dog's  perpose」を十分に分かって、私をそして自分自身も幸せにしようと思っています。

 

 

かみさんは、膝に乗って甘えてくる愛犬達を見て、

 

「本当にこの子達って甘えるためだけに生まれて来たんだね」

 

と言っていましたが、それだけでなくかみさん自身もこの子達によって幸せになっているんです。

 

 

定年後はかみさんが楽しみにしていた海外旅行には行けなくなったし、コロナ禍のせいで折角買ったワンコ同伴可のリゾートホテルの会員権も使うことはなくなってしまったけど、結果的には愛犬達を家族に迎えたことが最良の選択だったんだとつくづく思います。

 

今日は愛犬達を置いてGSに行ってスーパーに買い物に行ってきたけど、ほんの1時間ほど留守にしただけなのに、帰ると飛びついてきて嬉しがってくれます。

 

夜は、私のベッドの上で一緒に寝てくれるし、朝は顔をペロペロ舐めて起こしてくれます。

 

本当に愛犬達を家族に迎えることができて良かったなあと改めて思いました。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

リニューアルした公園まで往復4キロのお散歩

  • 2020.09.27 Sunday
  • 23:18

大雨の昨日は愛犬達をお散歩に連れていけなくて可哀想でした。

 

でも今朝は好天。

 

新しくリニューアルした公園までちょっと遠出してきました。

 

かみさんも一緒だったせいか、愛犬達は終始尻尾を上げながら嬉しそうに歩いてくれました。

 

でも、その公園は凄い人混み。

 

だからどこのお店にも寄らず、自販機でスマホ操作でドリンクを買って隅っこで座っていただきました。

 

すると、パグを連れた若いご夫婦が寄ってきました。

 

ビビりのキュート君は隅に隠れましたが、気が強いサンちゃんはパグちゃんにワンワン吠えて威嚇。

 

私達家族を守ろうとちっちゃな身体で威嚇してくれるんでしょうね。

 

歩いた距離は4.4キロ。

 

 

小さいサンちゃんも頑張って歩いてくれました。

 

でも家に帰ると二人ともぐったり。

 

私達もお腹が空いたので、ランチは愛犬達をおいて焼き肉屋へ。

 

感染が心配なので行く場所には気をつけていますが、今日は室内換気が徹底している焼き肉店。

 

店内にも、換気がしっかりしている旨のポスターが貼ってありました。

 

 

と言っても、トングを触るときにはアルコールで消毒する等、気を付けています。

 

行きつけの焼き肉店は1300円のランチでも大満足。

 

オプションで、国産牛上カルビと上ホルモン、そしてキムチも頂きました。

 

 

それでもお代は二人で4千円ちょっと。

 

安くて美味しくてお腹がいっぱいになりました。

 

こうして食事をしていると、母がサ高住でどんなものを食べているのかが気がかり。

 

母はお肉が大好きで、焼き肉屋かステーキ店が好み。

 

早くコロナが収まって一緒に焼き肉屋に行きたいな。

 

 

家に帰ってからお風呂に入ろうとしたのだけど、よく見ると洗い場の隅に赤カビが発生していました。

 

昨日サンちゃんをお風呂に入れてやったためか、排水溝も毛だらけ。

 

なので、まずは排水溝にパイプフィニッシュを入れて1時間放置後に水洗い。

 

その後に、お風呂全体にカビキラーを噴霧して、1時間後にシャワーで流しました。

 

ピカピカになりました。

 

普段のお風呂掃除はかみさんと私で半々ですが、こうした大規模なお掃除は私の役目。

 

そもそもお風呂掃除は私がやった方がはるかに綺麗になります。

 

そしてお風呂に入ろうと思ったら、かみさんが疲れて入りたくないそう。

 

私も疲れたので止めておきました。

 

でも明日辺りはまたサンちゃんを入れてやらねばならないから、折角きれいにしたお風呂もまた汚れそうです。

 

 

今夜の愛犬達はお散歩の疲れがでたのか、ぐったり。

 

そんな姿も可愛い。

 

明日もお散歩に行こうね。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

国勢調査8割がた完了&6カ月ぶりのお友達との再会にウルウル

  • 2020.09.22 Tuesday
  • 21:43

今日は朝から気合を入れて国勢調査に出掛けました。

 

残るのは中規模マンション1棟。

 

一軒ごとにインターフォンで確認後に離れた場所にある郵便受けに調査票を入れるのは効率が悪いので、とにかく全ての部屋のインターフォンを押しまくってから、その後にまとめて郵便受けに入れることにしました。

 

先日の単身向けのマンションと違って今回はファミリーマンションだったせいか、応答してくれるところが半数。

 

その内、「ご苦労様です」「ありがとうございます」と言ってくれる人は約半分。

 

あとは「はい、分かりました」とだけ言う人が多かったけど、何も言わずにインターフォンを切る人も。

 

こっちは多少のバイト代は貰えてもゴミの様な金額だから9割がたはボランティアの気分。

 

それなのに、不愛想にされたり何も言わずにフォンを切られると気分は良くないですね。

 

手芸教室の生徒さんから沢山の情報を得ているかみさんの話では、やはり国勢調査員の多くは頼まれて仕方なく引き受けたという人ばかり。

 

なかには人不足で一人で400軒も引き受けざるを得なかった人もいるそうです。

 

それだけやれば10万円程度は貰えるだろうけど、時間はかかるし、女性の場合は危険な目に遭うリスクもあるのだから割があわないですね。

 

そしてある市では、ほとんどを市の職員で行っているところもあるそう。

 

それが本来の姿だと思いますけどね。

 

それ以外にも警察官が防犯対策などで家庭訪問をするのを兼ねて行うとか、アホノマスクの様に郵便局に委託するとか、全国民への一律給付金申請の際に一緒に調査するとか、いろいろと方法はあったはず。

 

そもそもこんな程度の内容は莫大な予算を使ってやるようなものなんですかね。

 

説明書にはいろいろと調査結果の活用方法なんかが書いてあったけど、他に代替できるものは沢山あります。

 

住民票や税務申告、源泉徴収のデータ、ハローワークの情報なんかを集めれば簡単に推計できると思うんですけどね。

 

 

ちなみに私の町内会はとてもコミュニケーションが良くて、回覧板もすぐに回るし、防災名簿なども作っているから、町内会組織を使ってもできそうです。

 

新しいマンションの場合は町内会に入ってくれないところもあるけど、そこは管理会社または管理組合にでもお願いすれば済みます。

 

まあ、お役所仕事ってこんなもんですかね。

 

これで国勢調査のお仕事の8割がたは終了。

 

後は、調査台帳を市役所に郵送して、10月に入ったら督促チラシを配布して、残った調査票やツールを持って確認会に行くだけ。

 

肩の荷がちょっと下りました。

 

 

夕方は愛犬達を連れて公園までお散歩。

 

そして帰り道でなんと6カ月も会っていなかったキュート君の親友ワンコに偶然会いました。

 

 

キュート君はこのマルチーズ君が大好き。

 

我が家に来てから始めて出来たお友達で、週に一回は一緒に遊んでいました。

 

それから約5年。

 

元気だったマルチーズ君も15歳になってしまいました。

 

脚はよろよりなので、リードを着けずカートでお散歩しているそうです。

 

フサフサだった被毛も薄くなって、耳は聞こえず、目もあまり見えなくなったそうです。

 

それでもキュート君は久々に会ったマルチーズ君に嬉しくてしょうがないのか、ずっと纏わりついてペロペロと舐めまわしました。

 

飼い主さんはこのコロナ禍で4カ月ほどはほとんど外に出なかったそうですが、その分マルチーズ君の介護ができたそうです。

 

お別れの時、キュート君がどうしても離れようとしませんでした。

 

仕方がないので抱っこして別れました。

 

サンちゃんはひょうひょうとしていましたが、別れを惜しむキュート君が可哀想でした。

 

キュート君の気持ちを考えると愛しくて愛しくて涙がでそうになりました。

 

 

ワンコって本当に人間と同じ。

 

知能も人間の4−5歳児と同レベルで、喜怒哀楽の感情も持っています。

 

いや、ウソをつかない、むやみに他人を傷つけたりしない等の点で、人間よりずっと純粋で優しい生き物です。

 

早くコロナが収まって、また頻繁に会えると良いね。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

国勢調査開始

  • 2020.09.19 Saturday
  • 23:55

今日はかみさんと娘夫婦で企業のイベントの主宰。

 

だから私は一人プラス2頭でお留守番。

 

朝は愛犬達をお風呂に入れてやりました。

 

脚を洗ってやるときは自分から脚を上げて肉球の間も洗わせてくれます。

 

その姿が何とも言えず可愛い。

 

悩み事、心配事は沢山あるけど、愛犬達とお風呂に入っている間は全部忘れることができます。

 

少し涼しくなったので、風呂上がりのドライヤーも暑く感じることがなくて楽になりました。

 

それでもブラッシングをしながら二頭にドライヤーをかけるのは重労働。

 

愛犬達も私の指示に従って大人しくお座りしているのは大変だろうと思います。

 

ドライヤーをかけている間はじっと私の目を見つめたままの愛犬達ですが、「まだかかるの?早く出たいな」とでも思っているのかもしれません。

 

その証拠に、お風呂場のドアを開けると二人で猛烈な追いかけっこ。

 

そんな姿にもとっても癒されます。

 

散々追いかけっこをして疲れて寝ている愛犬達が↓。

 

 

愛犬達が寝ている間に、初めての国勢調査に出掛けました。

 

担当するところはマンションが2棟、アパートが1棟。

 

最初に小規模マンションに入りましたが、インターフォンに応答してくれるところは2割もありません。

 

そこは単身者が多いようなので、多分居留守にしているんだろうな。

 

それらの状態を台帳に記入して、調査票とパンフレットを郵便受けに入れました。

 

次に入ったのが小さなアパート。

 

台帳によれば、10部屋の内居住しているところが2部屋のみ。

 

行ってみるとやはりその通りでした。

 

2部屋の住人はどちらも出て来てくれて調査票を受け取ってくれました。

 

次に回ったのは中規模マンション。

 

玄関前にあるインターフォンで住人を呼び出し、玄関のロックを外してもらいましたが、中にある郵便受けが全部鍵が掛かっており調査票を入れることができません。

 

なのでもう一度先ほどの住人に尋ねると、わざわざ玄関まで出て来てくれ、郵便受けの入れ口の場所を教えてくれました。

 

そこはインターフォンの場所から遠く離れた場所。

 

そこで一軒ごとにインターフォンで確認しながら郵便受けに調査票を投入するのは結構大変。

 

案内してくれた住人さんは、

 

「どうせインターフォンを鳴らしても誰も出てこないから郵便受けに放り込んでおけばいいよ」

 

と言ってくれましたが、ルール上は一軒ごとに声を掛けることになっているからそれはできません。

 

なのでちょっとやる気を失くして今日はここまでにしておくことにしました。

 

 

午後からは愛犬達を連れて1キロほど離れた公園へ。

 

ベンチに座っていると隣に座ったカップルの女性が、我が愛犬達を見て、

 

「可愛い。すっごい可愛い」

 

と連発。

 

マスクをしていない女性だったのでお話しするのは避けましたが、サンちゃんがその女性の腰に両手をかけてご挨拶。

 

サンちゃんに甘えられた女性は上機嫌。

 

知らない人には吠えるサンちゃんなのに、相手が若い女性だと甘えるのはやっぱり男の子だからかな。

 

その人たち以外にも、道すがら「うわっ、可愛い」と声を掛けられた私は鼻高々。

 

帰り道でも若い女性に連れられたマルチーズが寄ってきてくれました。

 

だけどこの子にはサンちゃんは「ワンワン」。

 

サンちゃんの好みは人間の若い女性だけの様です。

 

マルチーズの女性も私と話したそうだったけど、感染予防のために私の方から敬遠。

 

なかなかの美人さんだったので残念でした。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

AD

ad

ADa

ad3

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM