オキシトシン

  • 2019.12.07 Saturday
  • 22:32

桜を見る会問題から出てきたジャパンライフ疑惑。

 

先日亡くなった中曽根元総理や、安倍の父である安部慎太郎氏までもがジャパンライフとただならぬ関係であったことが暴かれました。

 

安倍は国会答弁で、

 

「ジャパンライフの山口会長とは個人的にあったことがない」

 

と言い切りましたが、それも大ウソであったことが暴かれています。

 

ネットで調べていると、2017年に当時の民進党がジャパンライフ問題に関して厳しく政府を追及していますが、政府の答弁は今と同じでのらりくらり。

 

↓のような当時の国会中継の動画もありました。

 

 

ジャパンライフへの天下りや、多額の政治献金などで、自民党、政府もがんじがらめになっていたんでしょうね。

 

次々と出てくる疑惑に、これまで毅然として対応してきた菅も記者会見でしどろもどろ。

 

元々彼の答弁は決して理路整然という訳でもなく、活舌もよろしくなかったけど、強面&能面で何事も自信たっぷりに言い切る態度でなんとか乗り切ってきました。

 

それが支離滅裂。

 

もはや、哀れとしか言いようがありません。

 

ところがサイコパスの安倍は、様々な証拠を突き付けられても自分は悪くないと言い切る厚顔無恥さに変わりなし。

 

自ら辞任することなんてしないだろうから、自民党内部の良心ある議員からの反乱でもない限りはそのまま総理の座に居続けそうです。

 

安倍をなんとなく支持し続けてきた国民は、今こそ政治に興味を持って、安倍が極右の修正主義者でかつ対米隷属、そして頭が悪いということだけじゃなく、犯罪者の片棒を担ぐ共犯者であるということを知るべきです。

 

 

今朝は愛犬達をお風呂に入れてやりました。

 

くたくたになった私はこの数日の疲れもあってその後はボーっとしていましたが、夕方は愛犬達のワクチン接種を受けさせに動物病院に行きました。

 

以前その病院に入院したことのあるキュート君は、病院に入るとガタガタt震えて診察台に乗るとおしっこをちびってしまいましたが、サンちゃんは平気。

 

二人とも痛ーい注射を打たれました。

 

看護師さんに抱かれて注射をされている間、愛犬達はずっと私の目を見て助けを求めていました。

 

可哀想だけど、病気にならないためなんだから仕方がないね。

 

代金は二人で11000円。

 

春に処方される2万円以上もする薬代と比べるとかなりお安く済みました。

 

 

ところで娘が録画しておいてくれたNHKの番組。

 

老人になってもワンコと一緒の生活ができる環境がごく一部だけど整いつつあるそうです。

 

愛犬と一緒に入居できる特養、入院したり亡くなったりして面倒を看られなくなった愛犬を終生預かってくれる制度などができているそうです。

 

そんな特養を作った男性がその経緯を語っていました。

 

ある老人が一人で生活できなくなり特養に入居せざるを得なくなって止む無く愛犬を保健所に連れて行ったのだそう。

 

そのワンコは殺処分されました。

 

男性は時々その老人の様子を見に行きました。

 

するとその度に、老人は愛犬を保健所に連れて行って殺処分してしまったことを悔やんで泣き続けたんだそうです。

 

毎日のように愛犬を思って泣き続けた老人は、特養に入居してから半年余りで亡くなられたとのこと。

 

そんな経験がワンコと一緒に入居できる特養を作った動機なんだそう。

 

 

数ある動物の中で、ワンコはやはり人間にとって特別な存在意義があるんだそうです。

 

だからこそ、何万年も前から人間とワンコは家族として一緒に暮らしてきたという訳です。

 

人間とワンコが見つめ合うと、お互いにオキシトシンという幸せを感じるホルモンが分泌されるんだそう。

 

 

私も愛犬達の可愛い姿を見ると、頬が緩んで何とも言えない幸せな気持ちになります。

 

IMG_0342 (2).JPG

 

IMG_0344.JPG

 

IMG_0909.JPG

 

IMG_0910.JPG

 

ソファーで横になっていると、すぐに私に寄り添ってきてくれる愛犬達。

 

IMG_0921.JPG

 

本当に可愛い。

 

前回の記事で、老後資産が沢山あっても使い道がないと書きましたが、そう言えば私がもっと年老いた時に愛犬達と一緒に入居できる老人ホームという使い道がありました。

 

社会から孤立しても、愛犬達がいれば寂しくなることなんて絶対にないだろうと思います。

 

毎日、たくさんオキシトシンが出て幸せな気持ちでいられるんだろうと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

今日も書くことがいっぱい。愛犬のこと、ギターのこと、母のこと等など

  • 2019.11.08 Friday
  • 23:39

昨日あたりから、テレビでは千葉県森田県知事の業務懈怠の話題で持ち切りですね。

 

彼の言い訳を聞いていると、舛添氏のみっともない言い訳を思い出します。

 

元々、森田氏は民主党から自民党に鞍替えして衆議院議員になったという裏切り者。

 

そんなことをする男にはロクな奴はいません。

 

そもそもの話で言えば、元有名俳優だからという理由だけで彼に票を入れた千葉県民の責任。

 

政治家は国民の鏡なのだから、我々国民はもっと勉強しなくてはなりません。

 

 

そんな森田氏の話題に隠されてしまったのか、あるいは意図的に隠されたのか、相変わらずアホの安倍はまたまたとんでもないことをしているのにテレビではあまり取り上げていません。

 

その一つがここ数日の国会の答弁。

 

一番痛い加計学園問題を突かれた安倍は狼狽して汚いヤジ。そして何を言っているのか意味不明の言い訳。

<LITERA>

https://lite-ra.com/2019/11/post-5074.html

 

そして、税金を自選挙区民の接待に使っていたことを突かれて、また意味不明の答弁。

<LITERA>

https://lite-ra.com/2019/11/post-5079.html

 

これほどまで明確な国家公務員法違反と公職選挙法違反をしている安倍をなぜ国民は信任しているのか、私には到底理解不能です。

 

 

今日は防音工事4日目。

 

今日は、壁に厚いゴム板を貼ったうえに、更に防音板を貼っていました。

 

壁の厚さは7〜10僂曚匹盡くなり、その分部屋は狭くなってきました。

 

工事の音が響く中で、今日はサンちゃんを美容院に連れて行きました。

 

またショートカットにしてもらいました。

 

寒くなってきたのでもう少し長めにしてもらおうと思ったけど、トリマーさん曰くお洋服を着るのなら短い方が良いとのこと。

 

そして脂漏症で2〜3日おきにお風呂に入れなければならないサンちゃんは短い方がシャンプーが楽。

 

なので今回もショートカット。

 

とっても可愛くなって美容室からの帰り道では沢山の人の注目を浴びていたサンちゃんです。

 

IMG_0802.JPG

 

IMG_0799.JPG

 

IMG_0794.JPG

 

IMG_0793.JPG

 

その後はギター教室へ。

 

今日もダイアトニックコードの続き。

 

トニック、サブトニック、ドミナントの組み合わせの模範演奏で解説してもらいました。

 

本で読んで理解していたつもりだったけど、先生に実際に即興でコード進行の例を示してもらうと良く分かります。

 

後は6弦ルートでの〇M7に関する私の疑問。

 

〇M7は5弦ルートで押さえるのが普通だけど、自在に演奏できるためには6弦ルートでも弾けるようになることが必要だそうです。

 

ところが6弦ルートでコードを鳴らすと、きれいに聴こえる5弦ルートと違ってちょっと不快な感じがします。

 

それは押さえ方が悪いのではなく、音の順番によって印象が違うのと、ちょっと不安定な7thがオクターブ内にあるか否かで感覚が違ってしまうんだそう。

 

うんうん、今日も勉強になりました。

 

 

教室の帰り道にある公園で、ワンコ友達にばったり会いました。

 

14歳になるマルチーズ君は、耳が聞こえなくなり、目も白内障が進んであまり見えなくなってきたそうです。

 

これまでは私が呼びかけるとすぐに近寄ってきてくれたのに、今日は知らん顔。

 

でも近くに行くと私の気付いてくれたのかすぐに鼻を寄せてくれました。

 

いずれは我が愛犬達も老犬になっていくのかと思うと悲しくなります。

 

今日行った美容室のトリマーさんと話していると、自分の飼い犬を美容室やワンコホテルに預けたまま放置してしまう人が後を絶たないそうです。

 

そんな時は警察に届け出たり、飼い主を探し出したり、保健所に行ったり、里親を探すなどで大変だそう。

 

信じられないですね。

 

その美容室では、時々ブリーダーから仔犬販売の委託をされることもあって、沢山のブリーダーを知っているそうだけど、どんなに良心的な優良ブリーダーを名乗っていてもほぼ全てが遺棄や虐待をするなのど悪徳業者だそう。

 

こんな国民にしてあんな政治家あり、が今の日本なんでしょうね。

 

ちなみにトリミング料金は消費増税を機に、従来の7000円から7700円に値上げされていました。

 

それでも、今日の株式市場の上げを受けて私の持ち株の含み益も随分増えていたので、あまり痛くは感じなかったので良かった。

 

 

夜は姉に母の様子を確認。

 

今日も点滴を受けたけど、検査結果では肺炎の疑いもなく元気は元気。

 

それよりも、姉は過去の検査結果も処方も覚えておらず訳の分からない説明をする主治医に不信感。

 

そこはクリニックの院長が、サ高住とグループホームとデイサービスを全て一か所で経営しているから、主治医を変えるわけには行きません。

 

ちょっと呆けてきて自分の自慢話ばかりする老医師が姉にとってはストレスになっている様です。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

老犬たちの涙

  • 2019.10.27 Sunday
  • 09:32

このところ、愛犬家達が集まるSNSでワンコの訃報が続いています。

 

我が愛犬サンちゃんの保護ママさんのところでも…

 

その中で、保護ママさんが1カ月ほど前に保健所に収容されていて殺処分寸前でレスキューしたというチワワ。

 

保護ママさんのSNSによると、おそらく里親は見つからないだろうから自分の子供として畜犬登録をするつもりで預かりボランティアにも頼らず、自宅で飼っていました。

 

お腹が異常に膨れ上がっていて重病が疑われていたけど、麻酔に耐えられないとしばらく薬で様子を見ていたそう。

 

先日、嘔吐や血便が続くので遂に手術に踏み切って一時は回復したように見えたけど、翌日には亡くなってしまいました。

 

その子がどういう経緯で保健所に保護されたのかは不明だけど、おそらく一般飼い主かブリーダーが医療費を払いたくなくて遺棄したのだろうとのことでした。

 

 

なんでこんな可愛い子を遺棄することができるのか。

 

世の中では老犬の遺棄が絶えないそうです。

 

↓はSNSで見つけた記事。

 

73016920_2161109937327620_4821495415650123776_n.jpg

 

悲しそうな顔をしたワンコの顔を見るのは本当に辛い。

 

 

昨夜、娘が録画しておいてくれた「坂上忍の動物王国」を観ました。

 

9年間連れ添った盲導犬が老犬になって、盲導犬協会に返却するという話でした。

 

飼い主さんは、愛犬との最後の旅だと言ってフェリーに乗って北海道まで旅をし、二日間愛犬と一緒の時間を過ごしました。

 

協会への道のりで、飼い主さんはついに涙腺が崩壊してしまいました。

 

9年間も一緒に暮らしてきたのですから別れが辛くない訳がありません。

 

でも、役目を終えたそのワンコの終の棲家は、盲導犬協会に併設された老犬ホーム。

 

沢山の仲間たちがいて、優しい職員さんに介護されながら穏やかな余生を送ることができるそうです。

 

一時は生涯その子を飼いたいと思っていた飼い主さんもそれを知って、我が子を老犬ホームに預けることに納得したそうです。

 

老犬ホームまで愛犬を連れて行った飼い主さんの姿、そして飼い主さんが去ったドアをじっと見つめ続けるワンコの姿には目頭が熱くなりました。

 

 

冒頭に書いた遺棄されるワンコとは対照的ですね。

 

我が愛犬のサンちゃんも山中に遺棄されていました。

 

おそらく膿皮症が酷くてブリーダーが遺棄したのだろうと思われます。

 

つまり、売り物にはならないからと遺棄された訳です。

 

脂漏症のサンちゃんは2〜3日に一度はお風呂に入れてやらなくてはならないし、それをしないブリーダの元では皮膚は酷い状態だったのだろうと思います。

 

それでもこんな可愛い子を山中に遺棄するなんて信じられません。

 

IMG_0342 (1).JPG

 

眠っている間に、その時の怖い夢を見ているのかもと思うと可哀想でなりません。

 

IMG_1881.JPG

 

 

私が先か愛犬達が先かは分かりませんが、私が生きている間はずっと家族として愛してやります。

 

私が先でも、私と同じように愛犬達を溺愛しているかみさんと娘が終生面倒をみてくれるはずです。

 

 

遺棄が絶えない現状、そして盲導犬協会の老犬ホームを観ていて、なにか我が国の老人社会と似ているなあと感じてしまいました。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

無国籍料理じゃなく多国籍料理だな

  • 2019.10.26 Saturday
  • 23:46

今朝は5時半に目が覚めてしまいました。

 

なぜなら早起きしたかみさんが朝からテレビを観ていてその音で起こされたから。

 

まったくいい迷惑です。

 

朝ご飯をいただいてから愛犬達をお散歩に連れて行こうとしたけど、かみさんが一緒に行かないと分かった愛犬達は家の前を断固として動こうとしません。

 

まったく困ったものです。

 

お昼ご飯をいただいたら、睡眠不足の為か3時間近くも午睡。

 

午睡すると、どうしようもないくらいに体が怠く感じます。

 

これじゃあイカンと思って、私一人で愛犬達を連れて遠くの公園までお散歩へ。

 

最初はスタスタ歩いてくれた愛犬達ですが、途中でキュート君がストライキ。

 

仕方がないのでキュート君を抱っこしてしばらく歩くと観念したのか、後は公園まで素直に歩いてくれました。

 

 

今日の公園はワンコが沢山。

 

身体が小さいくせに他のワンコにはぎゃんぎゃん吠えるサンちゃんはこんな日は大変。

 

あんな小さい身体で大きなワンコにも向かって行くのはどうしてなんでしょうか。

 

若い時のやんちゃでけんかっ早い私と似たのかなあ。

 

帰り道では大きな柴犬とすれ違いましたが、柴犬の方が隅の様に隠れて私たちが通り過ぎるのを待ってくれたので助かった。

 

 

今日の夕食は、娘がテレビ番組の懸賞で当ててくれた5000円の割引券を持って近所のレストランへ。

 

無国籍料理と聞いて、お味には全然期待していなかったのだけど、これがなかなかのもの。

 

ベトナム料理に、イタリア料理、オーストラリア料理、インドネシア料理と多種多様で、それぞれが美味しい。

 

一般的に無国籍料理を謳うお店は、適当な和洋折衷の家庭料理を出すお店が多いけど、ここは無国籍料理というよりも多国籍の料理を出すお店。

 

IMG_0417.JPG

 

IMG_0418.JPG

 

IMG_0419.JPG

 

IMG_0420.JPG

 

IMG_0421.JPG

 

IMG_0422.JPG

 

ナシゴレンにはインドネシアの様にカリカリに白身を焼いた目玉焼きじゃなくて、私の大嫌いな温泉卵だったのが残念だったけど後は全てが美味しかった。

 

シェフに聞くと、カリカリ目玉焼きを付けたら評判が悪くて、日本人向けにアレンジして温泉卵にしたのだそう。

 

それが評判が良いんだそう。

 

卵の生っぽい白身が苦手なのは私だけなんでしょうか?

 

 

これだけ頂いてお値段はたったの8千円弱。

 

懸賞でもらった5千円割引券を使ったので3千円未満で済みました。

 

店内の雰囲気もなかなか良くて、お値段も手ごろで、かつ店員さんもなかなか愛想が良い。

 

女性店員さんはワンコと猫の両方を飼っていて好きな旅行にも出かけられないのだそう。

 

定年後の海外旅行を諦めた私達とも意見が一致しました。

 

気に入ったので、12月に予定しているギターとヴォーカルの先生との食事会の場所はここに決めてシェフと料理のこと等いろいろと打ち合わせして予約しておきました。

 

 

海外旅行に行けなくても可愛いワンコがいる方が楽しい。

 

来週は、ちょっと遠くまで愛犬達と一緒に旅行に出かける予定です。

 

半年ほど前に購入した会員制のリゾートホテルの会員権は、海外旅行に20回以上は出かけられるお値段だったけど、愛犬達のいない海外旅行より、愛犬達と過ごす国内旅行の方が余程楽しいから後悔はありません。

 

世界中の料理だって、今日のお店なら本場より美味しいものがいただけるということが分かりましたしね。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

やっぱり笑顔が一番

  • 2019.10.10 Thursday
  • 22:57

台風19号が心配ですね。

 

今度の日曜日に控えた音楽教室の発表会は今のところ「雨天決行」だそう。

 

大丈夫かな?

 

 

今朝は月一度の交通安全立哨。

 

これまでは暑くて立っているだけでも大変でしたが、その点では楽になりました。

 

でも、今日はいつも斜め向かいに立つおじさんが不参加。

 

気候が急激に変わったので身体を壊されたんでしょうか。

 

 

そういう私もちょっと体調不良。

 

喉がいがらっぽいし、右のふくらはぎが痛い。

 

小一時間の立哨から帰ると気怠くてお昼寝をしてしまいました。

 

なので朝はかみさんが一人で愛犬達をお散歩に連れて行ってくれました。

 

でも、夕方は近くだけど私がお散歩に連れて行ってやりました。

 

お散歩から帰ってしばらくしたら、キュート君がリバース。

 

以前は時々そんなことがあったけど、最近はなくて安心していたのだけど…。

 

いつもはどうしようもないくらい元気なサンちゃんも今日はお昼寝している時間が長いような気がします。

 

やっぱり人間も、愛犬達も急激な気候変化で体調を崩したのだろうと思います。

 

 

愛犬達には、急に寒くなった昨夜からお洋服を着せてやりました。

 

IMG_0307.JPG

 

IMG_0308.JPG

 

私がソファーをリクライニングして寝っ転がっていると、愛犬達は二人とも私にべったり。

 

IMG_0310.JPG

 

それを見たかみさんは僻んでいましたが、愛犬達と接している時間が一番長いのが私。

 

かみさんには悪いけどしょうがないですね。

 

 

夕食前に、かみさんと娘と一緒に発表会の練習をしました。

 

やっぱりギターソロの部分がなかなかうまく出来ません。

 

本番になったら指が震えてもっと弾けなくなってしまうかもしれません。

 

 

ところで昨日のヴォーカル教室。

 

先生は譜面通りの音階で歌うことを要求します。

 

ところが、発表会でサポートに入る音楽専門学校の女性ヴォーカルは譜面が読めないんだそう。

 

専門学校に通っていて楽譜が読めないなんで論外ですが、そう言えば先日のリハの際に控室で歌っていた彼女たちは譜面も見ずにYouTubeで旋律を確認しながら歌っていたました。

 

ヴォーカルの先生によれば、最近の学生は本当にレベルが下がっているんだそう。

 

発表会のサポートに入るということは単なるバイトじゃなくて、将来はヴォーカル講師を目指しているのだろうけど、楽譜も読めなくてどうして生徒にインターバルやコーラスの指導ができるんでしょう。

 

生徒の方も最初の内は楽典には興味もなく必要もないだろうけど、中級〜上級になるには楽典の勉強が必須。

 

私の先生は二人とも音大卒で楽典を教えてくれるから良かった。

 

 

今日の衆議院予算委員会。

 

午前中は、自民党議員が質疑に立ってどうでも良いような予定調和のお芝居。

 

野党が質疑にたつ午後になってようやくまともな国会になったけど、相変わらず安倍はまともに質問には答えていませんでした。

 

ただ、少し表情が柔和になり、話し方も丁寧になっていましたね。

 

不快指数はそれだけである程度下がりました。

 

女子プロゴルフの渋野さんといい、ノーベル化学賞の吉野氏といい、とっても良い笑顔です。

 

やっぱり人間は笑顔でいなければなりませんね。

 

現役時代の私はずっと気難しい表情をしていた気がしますが、愛犬達を迎えてから笑顔になることが増えました。

 

娘からガムをもらうのに一所懸命にお手をする姿を見ていると自分でも顔がくしゃくしゃになっているのが分かります。

 

IMG_0315.JPG

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

久々に美人さんに声を掛けられた

  • 2019.09.25 Wednesday
  • 22:26

今日はギターを担いでヴォーカル教室まで歩いていく日だから、愛犬達のお散歩はご近所だけにしようと思っていました。

 

だけど愛犬達を連れて近所の薬局に行くと、愛犬達は楽しくて仕方がない様子。

 

なので、また遠くの公園まで歩いて行くことにしました。

 

 

途中の歩道橋で、前からかなりの美人さんが歩いてきて私の顔を見てニコニコ笑ってくれます。

 

知り合いのピアニストなのかもと思ったけど、近くで見ると知らない顔。

 

そしてサンちゃんがその場でお座りしてしまって彼女の顔をじっと見つめます。

 

すると通り過ぎようとした彼女が立ちどまって腰をかがめてくれると、キュート君がごろごろと顔を擦り付けていきます。

 

サンちゃんも顔を撫でられてデレデレ。

 

「可愛いですね。この子の犬種は?(キュート君を抱っこしながら)」

 

「ミニチュアダックスとポメラニアンのミックスです」

 

「可愛〜い!私ワンちゃん大好きなんです」

 

初対面にも拘らずしゃがみ込んで愛犬達を撫でてくれる彼女にはびっくりしましたが、いつも知らない人にはぎゃんぎゃん吠える愛犬達のにやけた姿にはもっとびっくり。

 

「この子達、いつもは人見知りなんですが、きれいな人だとすぐに懐いていくんです」

 

と言うと、

 

「そうなんだ!男の子だからしょうがないね」

 

モデルにしてもおかしくない容姿の彼女は、自分のことを美人だと認識している様です。

 

朝から美人さんに声を掛けられて、私も愛犬達もラッキーでした。

 

以前は公園で美人さんから声を掛けられたことが何度もあるけど、ここ1年ぐらいは全くなし。

 

おばさんや小さい子供に声を掛けられることはあっても若い女性に声を掛けられることは全然ありませんでした。

 

1〜2分の立ち話でしたが久しぶりに楽しかった。

 

世界一ハンサムで可愛い愛犬達のおかげですね。

 

 

公園はとっても気持ちが良かった。

 

空は真っ青。

 

IMG_0229.JPG

 

と、そこへ口をへの字に曲げて不機嫌そうなじいさんが目の前を通り過ぎようとしました。

 

すると愛犬達は猛烈な勢いでワンワン。

 

よくよく考えれば、愛犬達は美人かどうかではなくて、優しい人かどうかを瞬時に見極める能力があるのかもしれません。

 

思い返してみれば愛犬達が懐いてくれる相手は必ずしも美人さんばかりではありませんからね。

 

 

夕方からはヴォーカル教室へ。

 

基本の発声練習をしてから課題曲のHard days nightの練習。

 

2度ほど歌ってヴォーカルの方の直しはなし。

 

でも、ギターソロの部分を直されました。

 

ギターの先生ではないけど、音大で声楽とピアノ、フルートを学んだだけあって、私の欠点を見抜いて修正箇所を指摘してくれます。

 

32分音符の繰り返しのところは2回目までは良いけど、最後の繰り返しからそこからスライド、プリングの早いパッセージに入るところが僅かだけど遅れているからCD音源についていけないのだそう。

 

なるほど!

 

繰り返してみるともう少し練習すればできそうな気がしてきました。

 

リハの動画をもらったので、家で何度も見て直してくださいと言われました。

 

キャプチャ.gif

 

先生曰く、娘のベースギターは始めて8カ月にしてはものすごく上手いそうです。

 

リズム感が良くて拍を外さないのは凄いそうです。

 

かみさんのサックスの音程もまあまあだそうです。

 

サックスは吹いてキーを押さえれば狙った音程が出るわけではなく、息の入れ方が安定しないときちんとした音程がでないそうですが、かみさんはまあまあできているとのこと。

 

自分のことを褒められる以上に娘やかみさんのことを褒められるのは嬉しいもんです。

 

 

夜は娘と二人でイオンにあるアイスクリーム店へ行きました。

 

娘が懸賞で当てたアイスクリームの無料引換券が60個ぐらいあるのですが、その内交換期限が1カ月ほどの9個を頂いてきました。

 

家に帰ってから、娘は箱に入っていたドライアイスをお皿に入れて水を注ぎます。

 

 

娘は、小さい頃によくこうやってドライアイスで遊んでやったことをまだしっかり覚えている様です。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

虹の橋

  • 2019.09.18 Wednesday
  • 00:38

今日は娘が先日観た「僕のワンダフルジャーニー」について話してくれました。

 

娘は、主人公の女の子に自己投影して泣けたんじゃなくて、イーサン(女の子の祖父)とベイリー(輪廻転生を繰り返してきた主人公のワンコ)が一緒に虹の橋を渡るシーンに泣けたんだそう。

 

その話を聞いて、娘は私をイーサンに、キュート君とサンちゃんをベイリーに投影して泣いてくれたんだと思いました。

 

つまり、愛犬と私が死んで虹の橋で再会した時のことを想像して泣いてくれたのかな。

 

 

 

娘は小さい時にピーちゃんという名のインコを飼っていました。

 

それはそれはたいそう可愛がっていました。

 

8年ほど生きてくれましたが、ある日旅行から帰ってくるとかごの中で冷たくなっていました。

 

娘は大泣きしました。

 

そんな娘の姿に、私たち夫婦も息子ももらい泣きしてしまいました。

 

それからすでに18年ほど経っていますが、娘はいまだに時々ピーちゃんのことを思い出して話してくれます。

 

 

動物を家族として迎えてた人達は「虹の橋」の物語を信じています。

 

信仰心のかけらもない私も「虹の橋」は必ずあるんだと信じています。

 

今日の娘の話を聞いて、久しぶりに「虹の橋」の物語を思い出しました。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

定年後に海外旅行よりも愛犬達との生活を選んだ結果は

  • 2019.09.15 Sunday
  • 22:09

今朝は珍しくかみさん一人で愛犬達を散歩に連れて行こうとすると、愛犬達は断固拒否。

 

なので私がエレベータまで一緒に行くと素直に付いてきてくれました。

 

エレベータの扉が閉まると私はそこで部屋に帰りました。

 

まだ起き掛けでぼっとしていたので家にいたかったんです。

  

ところが3分もしない内に、かみさんがご帰宅。

 

愛犬達は家の前を頑として動こうとしなかったんだそうです。

 

愛犬達はお散歩は私が一緒に行くものだと固く信じているんだろうと思います。

 

 

その後、今日は特に予定もないので、独り言のように、

 

「〇〇公園にでも行こうか」

 

と言うと、愛犬達はそれを聞いただけで大はしゃぎ。

 

目がランランと輝いて、飛び跳ね、飛びついてきます。

 

かみさんも一緒に外に出ると愛犬達はクルマまで一直線。

 

愛犬達は人間の言葉をちゃんと理解し、○○公園に行くならクルマに乗るんだということも理解しているんです。

 

 

かみさんも一緒にお散歩に行くときは、私とキュート君が前を歩きます。

 

かみさんとサンちゃんが前を歩くと、サンちゃんが後ろを振り返ってばかりでちっとも前に進んでくれないからです。

 

サンちゃんは小さい身体だけど、私の様子を見守って常に守っているつもりなのかもしれません。

 

だから、他のワンコやちょっと挙動不審な人を見かけるとぎゃんぎゃん吠えるのかも。

 

 

広大な公園を一回りしてから、この前も行ったカフェに入りました。

 

テラス席はワンコ連れの家族でいっぱい。

 

みな、幸せそうです。

 

 

ちょうどお昼時だったのでランチをいただきました。

 

IMG_0155.JPG

 

愛犬達様におやつを持ってきていたのだけど、私のランチを沢山あげました。

 

お肉はしゃぶって塩気をとってから。

 

パンは半分以上は食べられてしまいました。

 

IMG_0157.JPG

 

これで一人前1500円はなかなかバリューフォーマネーだし美味しかった。

 

平日に1人で来ても良いかもと思いましたが、こうしたお店で店内に入らずにテーブルチェックをしてくれるお店はなかなかありません。

 

なので店内に入って支払いの時に店員に聞くと、ワンコ連れの人の為には手を上げて呼んでくれればテーブルチェックもできるとのこと。

 

近所の徒歩圏内にある3つの大きな公園はちょっと飽きてきたので、これからはちょくちょくここを利用しようと思います。

 

 

ところでサンちゃんは二日ほど前からちょっとお目目が具合悪そう。

 

そんな時は、お風呂に入って目やにをシャワーで流して、動物病院で処方された目薬を挿してやらねばなりません。

 

IMG_0693.JPG

 

その甲斐あって今朝はちゃんと目が開いて、充血も無くなっていましたが、やはりサンちゃんの場合は毛が目に入って小さな傷をつけてしまうようです。

 

動物病院に行った時には、逆睫毛があるので手術して抜くしかないと言われましたが、その手術は全身麻酔だそう。

 

全身麻酔をしてそのまま亡くなってしまうワンコも沢山いるそうだから、そんなことは怖くてできません。

 

となれば、やはり美容院で目の周りの毛を短くしてもらうのが一番。

 

で、前回連れて行ったのが何時だったかを確認してみると7月末。

 

もう1カ月半も経ってしまっていました。

 

日が経つのって本当に早い。

 

で、早速美容院を予約。

 

すると来週木曜日の午後まで予約でいっぱいだそう。

 

仕方がないので木曜の午後に予約を入れました。

 

他の美容室では、目の周りの毛をギリギリまで短くする技術がないんです。

 

そしてお値段は7000円と郊外の他店と比べてもちょっとお高い。

 

でも、可愛いサンちゃんの為なら仕方がないですね。

 

 

キュート君は今日のお散歩で疲れたはずなのに、夜になってから私に「遊んで!」のポーズ。

 

目の前にロープを持ってきて…

 

IMG_0161.JPG

 

お座りして私の目を見つめます。

 

IMG_0162.JPG

 

ロープで綱引きをしてから、ボールで遊んでやりました。

 

そんな時はボール遊びができないサンちゃんが可哀想。

 

なので、二人一緒に「訓練、訓練ぷっぷぷー」で躾を兼ねて遊んでやりました。

 

 

テレビを見ていると、女性芸人が世界中を旅してまわる番組。

 

かみさんは私の定年後にクルーズ旅行をするのを楽しみにしていましたが、愛犬を迎えたのでそれは夢と消えました。

 

でも、愛犬達が甘えてくれるととっても嬉しそう。

 

そしてサンちゃんが私にくっついていると、奪って自分の膝の上に連れて行ってしまいます。

 

そして私には絶対言わない様な甘い声で、

 

「可愛いねえ、大好きだよ」

 

海外旅行とワンコと暮らす生活のどちらが良かったかと聞かれれば、私は当然、かみさんも絶対に後者だと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

僕のワンダフルジャーニー

  • 2019.09.14 Saturday
  • 22:00

先日封切になった映画「僕のワンダフルジャーニー」。

 

thuyt.jpg

 

前作が好評だったためか、テレビCMも沢山流されていますね。

 

試写会に当選したかみさんと娘はすでにこの映画を観ていますが、私は未だ。

 

なので今日観に行くことにしました。

 

大混雑しているだろうと思ってネット予約しました。

 

VIP席をとってお代は2700円。

 

ちょっと高いけど、予約が入っているのはほとんどVIP席。

 

きっと映画を観て泣いてしまうのが恥ずかしいからと、隣の席同士が離れているVIP席が人気があるんでしょうね。

 

前作を見た時に目がボンボンに腫れて恥ずかしくて人前に出られなかった私ですが、今回はサングラスを持参しました。

 

 

映画館に着くと、予想外にガラガラ。

 

VIP席は満席だったけど一般席は数人だけ。

 

これなら高いお代を払ってVIP席にする必要はなかったですね。

 

 

結論を言えば、いい映画であったことは確かだけど、前作の様にボロ泣きするようなものではありませんでした。

 

前作は主人公のイーサンが老人になってから輪廻を繰り返してきた愛犬ベイリーと再会するというストーリー。

 

無題.png

 

それに自分自身を自己投影して感動してしまったけど、今回の主人公は若い女の子。

 

th.jpg

 

私が女の子の姿に自己投影するなんてしないから、前作ほどの感動はしませんでした。

 

試写会に行った娘は大泣きしたそうだけど、娘はそんな主人公の女の子(老人の孫)に自己投影したんだと思います。

 

そしてその女の子の母親は、酒癖が悪くてどうしようもない女性という役。

 

かみさんがそんな映画を観て全く泣けなかったという理由も分かりました。

 

 

でも、最後に前作の主人公の老人イーサンが、孫が連れてきたワンコと前作と同じジャンプをしてベイリーの生まれ変わりだと分かるシーンにはやっぱりジーンと来てしまいました。

 

イーサンは亡くなってしまうのだけど、虹の橋をベイリーと一緒に渡るシーンにもちょっと泣けてしまいました。

 

 

映画の中ではワンコは人間の感情を読み取りながら人の為に尽くすのだけど、実際のワンコも人間の感情を敏感に感じ取ることができる賢い動物です。

 

そんな愛犬達に囲まれて家族みんながとても幸せでいることができています。

 

帰ってからサンちゃんの保護ママさんのフェイスブックをのぞくと、今日も遺棄されたワンコを保護した記事が載っていました。

 

喜怒哀楽の感情を持っているワンコは、信頼していたご主人に遺棄されてどんなに悲しく寂しい思いをしたことでしょうか。

 

無償の愛をささげてくれる愛犬をどうして遺棄することができるのか、私には到底信じられません。

 

IMG_0698.JPG

 

IMG_0688.JPG

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

定年直後の突然死にショック。だけどキュート君のお誕生日に救われました

  • 2019.09.10 Tuesday
  • 23:18

今日はキュート君の5歳のお誕生日。

 

月日の流れるのは早いものですね。

 

今日の夜はどこかでお祝いしなくちゃね。

 

 

昼過ぎに友人から電話がありお茶をすることに。

 

行ったところは時々愛犬達を連れて行くカフェ。

 

ただ、サンちゃんが他のワンコや人にワンワン吠えるのでこの数カ月はご無沙汰。

 

久々に行くと、キュート君の初恋の女性店員さんが出迎えてくれました。

 

なんと、今日がキュート君の誕生日だということを覚えていてくれました。

 

これにはびっくり。

 

キュート君は3歳ぐらいまではそのお姉さんが大好きだったけど、ある日突然そのお姉さんが髪形を変えてお化粧をするようになってからキュート君の恋は冷めてしまいました。

 

キュート君はお化粧っ気のないお姉さんが好きだったんです。

 

それ以来、いつそのカフェに行ってもキュート君はそっけない態度。

 

綺麗になったお姉さんは別人だと思っていた様です。

 

友人とは、彼の腕時計や女遊びの自慢話を聞き流して2時間弱で切り上げました。

 

 

家に帰ってしばらくすると、かみさんが深刻そうな顔をして部屋に入ってきます。

 

なんと会社の社宅で一緒だったご夫婦の旦那さんが定年直後に突然死してしまったとの手紙をもらったんだそう。

 

かみさんと奥さん、長女同士も親しくしていて時々Lineでやり取りをしていたのだけど、この数か月全然返事が返ってこなくなったそう。

 

そして突然来たのが転居のお知らせのハガキ。

 

広いマンションから狭くて古いアパートに引っ越したとのこと。

 

そして差出人はご夫婦連名ではなく奥さんお一人の名前。

 

ひょっとして定年後離婚してしまったのかもと心配していました。

 

それを心配してかみさんが会いたいと手紙を書いたのですが、その返事が旦那さんが定年直後に突然死してしまったとの内容。

 

一緒に過ごしたマンションに1人で住むのが耐えられないと引っ越ししたんだそうです。

 

これには私達も大ショック。

 

3人のお子さんも結婚して自立し、旦那さんは定年後に黄金の人生を送ろうと思っていたはずです。

 

私たちのいた会社は、世間では良い会社と思われている様だけど、中にいる社員にとっては激務で管理がきつくて決して楽しいとは言えないところ。

 

それでも退職金や企業年金なんかも充実しているから定年まで忍従の毎日に耐えているんです。

 

それが退職してすぐに突然死するなんて残酷すぎます。

 

奥さんもあまりにも可哀想。

 

それにしても、定年退職してまもなく亡くなってしまうケースが結構多いように思います。

 

 

そんなショッキングな話を聞いたばかりだけど、今日のカフェの話をかみさんにすると、

 

「ええっ!キュート君の誕生日を覚えていてくれたの!嬉しい」

 

当然、今日のお祝いはそのカフェで行うことになりました。

 

 

今日のカフェのお姉さんはまったく化粧っ気のない以前のお姉さん。

 

キュート君はひょっとしてお姉さんのことを思い出してくれるかも…

 

 

コース料理を頼んで次々と料理が運ばれてきましたが、運んでくれたのは別の店員さんでした。

 

IMG_0085-01.jpg

 

IMG_0093-01.jpg

 

それでも、キュート君は嬉しそう。

 

IMG_0097.JPG

 

そして最後のデザートでサプライズが待っていました。

 

なんと、「キュート君、5歳の誕生日おめでとう」と書かれたクッキーを頂いたんです。

 

IMG_0104.JPG

 

そして最後にまたもサプライス。

 

お姉さんがキュート君のお誕生日プレゼントをくれたんです。

 

キュート君はようやく初恋のお姉さんのことを思い出したようで、お姉さんの前でお座りをしたままナデナデしてもらってうっとり。

 

完全にお姉さんのことを思い出した様子です。

 

IMG_0118.JPG

 

他の人に撫でてもらうことはあっても、その時はいつでも逃げられるように立ったままなのに、両足を横に投げ出して完全に安心スタイル。

 

その姿に目頭が熱くなってしまいました。

 

家に帰ってプレゼントの袋を開けると、沢山のおやつとお手紙。

 

IMG_0126.JPG

 

本当に良かったね。

 

 

ちょっと可哀想だったのがサンちゃん。

 

今日はキュート君ばかりちやほやされてサンちゃんはちょっと不貞腐れ気味。

 

でもサンちゃんは大好きな音楽番組を見て気分転換ができた様です。

 

IMG_0128.JPG

 

 

今日はかみさんの友人の旦那さんの突然死というショッキングな事実を知って落ち込んでしまいそうだったけど、カフェのお姉さんも一緒にキュート君の誕生日を祝ってもらったおかげでなんとか元気を取り戻すことができました。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

AD

ad

ADa

ad3

selected entries

categories

archives

recent comment

  • そんな内容が「閣議決定」すべきことか!
    porter (12/13)
  • そんな内容が「閣議決定」すべきことか!
    無いものねだり (12/13)
  • 三浦展氏の上流、下流老人の定義に疑問あり
    porter (11/27)
  • 三浦展氏の上流、下流老人の定義に疑問あり
    NIKITA (11/27)
  • オリンピックに3兆円、台風被害には7億円という日本
    アホウドリ (10/20)
  • 年金財政検証の前に、なぜこんな状況になったのかの検証が必要じゃないの
    porter (08/30)
  • 年金財政検証の前に、なぜこんな状況になったのかの検証が必要じゃないの
    m (08/30)
  • 親に「テレビばかり観ているとバカになるよ」って言われていたけど・・・
    porter (08/19)
  • 親に「テレビばかり観ているとバカになるよ」って言われていたけど・・・
    桑子洋一 (08/18)
  • 安部礼賛だった右翼団体すらも安部批判に回った
    porter (06/29)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM