交差免疫

  • 2020.06.14 Sunday
  • 00:30

東京都知事小池のやることは支離滅裂。

 

アラートの基準を定めながら実際には基準を無視してしまうし、ステップ移行も当初基準を無視。

 

そして知事再選への出馬宣言。

 

彼女のやることは全て政治がらみということが見え見えですね。

 

だけど、新型コロナに関してはやはりアジア人が罹りにくく重篤化しにくいということだから、結果論的には感染拡大による破滅を免れることができるかもしれません。

 

↓は毎日新聞の記事。

 

100万人当たりの死者数は白人・黒人・ヒスパニック諸国と比べてアジア間がミステリアスなほど低い理由を取り上げたもの。

 

<出展:毎日新聞>

 

この中で、我らが児玉龍彦氏が「アジア人は既に交差免疫を持っていたとの証左がある」と述べています。

 

新型コロナに感染した人の血液を調べるとIgM抗体よりも先にIgG抗体ができている人がいて、それが交差免疫ができている証左だと分析しているそう。

 

ということは新型コロナに感染して発症し重篤化あるいは亡くなられた人は、以前に新型コロナに似た弱毒性のウイルスに感染していなかったということになるのでしょうか。

 

そうであれば良いのだけど、その交差免疫の有無が今日本でできる抗体検査では分からないのだろうと思います。

 

実際に抗体検査で陽性だった人は1%前後しかないのだから、児玉先生の仮説が正しくてもその抗体検査で交差免疫の有無が分かると言うことはなさそう。

 

なので児玉先生の仮説が正しいと証明され、その交差免疫が測定できる検査方法が普及するまではまだまだ気を付けておくに他はありません。

 

 

昨日は久々に友人からお誘いがあったけど断ったし、今日は一日中激しい雨。

 

それでも家にいても愛犬達と遊んだりギターの練習をしていればそれほど退屈でもありません。

 

今日は、昨日先生からもらった課題曲を練習。

 

3/3拍子で、一小節の中に符点四分音符が二つ入っている譜面は久しぶりに見ました。

 

そして一小節の中に4つの音を均等に入れるという指示のある個所も。

 

ピアノをやっている時は、特にショパンの曲でそんな箇所が沢山あったけど、ギターの譜面で見るのは初めて。

 

そもそもロックやポップスの曲は殆どが4/4拍子です(そのそも拍子記号が書いてない)。

 

久々なので左手で拍を打ちながら右手で旋律を打ちましたが、これがなかなかできない。

 

でも30分ほどやっているとどんどん感覚を思い出してきました。

 

それができれば課題曲は簡単。

 

先生は拍打ちが難しいと言っていましたが楽勝でした。

 

それに飽きると愛犬達を相手に「訓練、訓練ぷっぷぷー」。

 

「お座り」「待て」「おいで」「お手」「お代わり」「ついて」を何度も繰り返してやります。

 

キュート君はいつも完ぺきにできますが、サンちゃんは「お代わり」が苦手。

 

「お手」も何度か言わないとできないことがあります。

 

でも、今日はサンちゃんも完ぺきにできました。

 

ギターも、愛犬の躾も毎日の練習が大事ですね。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

コメント
小池さんは、「稀代のリーダーか扇動者か」という週刊誌の
見出しがありました。私は後者だと思います。

彼女はかなりのナルシストですね。シンデレラの鏡に「日本で
一番の政治家は?」と聞いたら、「それはあなたです。」と
言われて張り切ったのでしょう。

結果残ったのは都民の虎の子の貯金1兆円を使い果たしてしまった。
  • arima
  • 2020/06/14 8:06 PM
arima様
まったくその通りですね。
そんな人間を選んだ都民が悪いんですけどね。
  • porter
  • 2020/06/15 12:27 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

AD

ad

ADa

ad3

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM