自由診療でのPCR検査

  • 2020.09.09 Wednesday
  • 22:57

今日は月一回の糖尿病定期検診日。

 

2月までは町内会長さんも一緒にお連れしていましたが、3月以降はコロナ感染防止の為に別々に行っています。

 

たった片道30分の距離だけど一人だと寂しいものですね。

 

今日は静脈からの採血だったけど、痛点がはずれたので良かった。

 

痛点が外れるのは3回に1回ぐらいだから今日はラッキーでした。

 

検査結果は、HbA1c6.6と先月と変わらず。

 

愛犬達とのお散歩が減っているので心配していましたが、ギターとソルフェージュ教室に徒歩で通っているのが良かったのでしょうか。

 

診察が終わって扉を開けて診察室を出ようとしたら主治医から、

 

「大事なお話があるので扉を閉めてください」

 

と言われました。

 

医師から「大事な話がある」と言われるとドキッとしますね。

 

話の内容は、今でも自由診療でPCR検査ができるようになっているのだけど、近日中に保険診療での検査が可能になるとのこと。

 

ただし、話が広がると患者が殺到して大変なことになるので、当院の通院者限定だそう。

 

主治医の気持ちは良く分かるし、ここに通院する身としてもなるべくコロナ疑い患者には来てほしくはありません。

 

きっと、他のクリニックでもそんな対応をしているところが多いんだろうな。

 

 

来月は、通院ついでに市の無料検診をかみさんと一緒に予約しました。

 

その時に、インフルエンザの予防接種もお願いしたいと言うと、まだ接種対象が決まっていないそう。

 

多分75歳以上になるから、私もかみさんも対象外と言うことになりそうだとのことです。

 

まあ、もともとインフルエンザの予防注射なんて生涯で1度しか受けたことがないから良いかあ。

 

 

家に帰ると姉から電話があり、母の容態が落ち着いたのでもうすぐ退院できそうだとのこと。

 

そしてサ高住に戻る前に、一度実家に連れて帰ってでお昼ご飯でも一緒にしようという話になりました。

 

それは病院の医師のアドバイス。

 

サ高住がコロナ対策で面会禁止になっているから、退院してそのままサ高住に入れば会えないことになってしまいます。

 

退院日程が早目に分かったら、主治医のところでPCR検査を受けてからが良いと思っています。

 

ただ、検査結果がどれぐらいで分かるかを聞いていなかった。

 

明日にでも電話で聞こうと思います。

 

 

 

ところで自民党総裁選。

 

3氏の演説と討論を聞いていると、菅のポンコツぶりが際立ちますね。

 

知識もなければ頭の回転も遅いし、活舌も悪い。

 

それと比べると、石破の知識、考えの深さが際立っています。

 

石破の考え方に私は必ずしも賛同はしないのだけど、能力的に言えば菅と石破の差は歴然。

 

岸田は人の良いおっさんですね。

 

情勢からは菅優勢は変わらないのだろうけど、国会が始まれば菅はボロンカスにやられて早期の退陣を迫られそうです。

 

そうなれば自民党としても石破を担がざるを得なくなるだろうけど、その時に野党も政権交代ができるようになっていて欲しいですね。

 

どちらもどっちという感はあるけど、二大政党制になれば安倍独裁の8年よりはかなりましになるはずです。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

AD

ad

ADa

ad3

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM